10月のお言葉

0

    秋の空、澄んだ空気、滋賀の広大な田園に沈む

    夕日がとてもきれいです。
    夜空の星をじっくりと見上げてみたら、あまりにも
    美しく感動します。
     
    今月は、会長先生より?ともに法の世界へ?
    をご法話下さいました。
    人さまのために、心をかけてともに法の世界へ
    まいらせていただきましょう。
    幸せを感じ、感動を伝えて十月を歩んでいき
    たいと願っています。
     
      感動を伝えよう
    釈尊は衆生を救うために
    「さあ、法を伝える旅に出よう。多くの人の
    利益(りやく)と幸福のために法を説こう。世間を慈悲の
    眼でみつめ、この世界すべての安楽のため、
    真理にかなった実践を説き示そう」
    という「伝道宣言」を発せられました。
    釈尊の胸には、真理を悟られた感動や、法を
    人びとに伝える喜びが満ちあふれたように
    思われます。と会長先生はご法話下さり、私達は
    釈尊の感動があったからこそ、法にめぐりあえたのです。
    私たちもまたご法と出会い、それぞれに感動
    や喜びをいただいて現在に至っています。
    その感動や喜びは、まさに救いそのもの
    だったといえます。
    一心に私の幸せを祈り、導いて下さった方がいて下さり、
    喜び、悲しみ、苦しみを一緒に共に歩んで下さったことは、
    本当に救いそのものだと思います。
    そうであれば、釈尊と同じようにそれを布教伝道の
    エネルギーに換え、仏さまの教えにふれて救われた
    感動、そして喜びを人さまにお伝えするーそれが、
    私たちの大切な使命といえるのではないでしょうか。
    と会長先生のご法話から、釈尊と同じように私達にも
    布教伝道のエネルギーに換えて、人の喜ぶ姿がまた
    新たに感動を呼ぶものだと、思わせて頂きます。
     
      人は慈悲に導かれる
    「ありがたい」「うれしい」という感動や喜びは
    人に伝えずにいられないもので、とくに信仰の
    世界では、その心情を素直に表現すると、それが
    救いの契機となり、また新たな感動を呼びます。
    ご法というと、むずかしいことのように思いますが、
    私達が、毎日生活している中での、感じたこと、
    当たり前に思う中に、幸せを感じる心を伝えて
    いくことが大事なんですね。
    会長先生は、そのようにして、人と出会い、
    法をお伝えすることによって思いやりが深まり、
    人格が磨かれる機会が多くなっていくのです。
    その意味で、布教伝道は私たちの精進そのものと
    いえます。
    と教えて下さいました。
    明るくやさしい人格が磨かれていくと思うと布教伝道は
    楽しくなってきます。
    釈尊の布教伝道が大いなる慈悲心に始まったことから
    しても、人を導くのはやはり慈しみ深い心といえましょう。
    慈悲は、いのちそのものに具わっている私たちの
    人間の本性といえるのです。
    私達は人として生まれ、いのちを頂き、ちゃんと具わっ
    ている慈悲の心を大いに発揮する十月となりますように、
    ともに法の世界へ飛び出しましょう。
     
                                合掌
     
                           滋賀教会長
     
                            関戸快枝

    ♪♪「私にできること」 / KOKIA♪♪

    0
      ♪『私にできること』 / KOKIA
       
      遠く離れてても あなたを想ってる
      そんな私の気持ちが 届いたらいいな
      ふとした偶然で 今交わった人生
      だから私にも何か できることあるかな
       
      支えてくれたのは いつだって誰かの言葉
      やさしい励ましが こころにすっとしみ込んだ
       
      だから・・・今 私からもこの言葉を贈りたい
       
      一人じゃないよ 何もできないけど
      つらい時こそ 心に歌をかかげて
      がんばって欲しい 乗り越えてほしい
      届いて欲しい この気持ち
      あなたに贈る歌 私にできること
       
         
      どんな励ましなら あなたに届くだろう
      思い浮かばないままに 時間が過ぎて行く
       
      支えてくれたのは あの時のあなたの言葉
      やさしい励ましが こころにすっとしみ込んだ
       
      だから今度は私からも この言葉を贈りたい
       
      一人じゃないよ 何もできないけど
      辛い時こそ 誰かと支え合って
      頑張って欲しい 乗り越えてほしい
      届いて欲しい この気持ち あなたに贈る歌
       
      困った時には かわりばんこに
      励まし 助け合いたい だから今歌うよ
      私にできること
       
       

      9月のお言葉

      0
         九月に入り、そろそろ田を刈り新米の収穫、秋の虫の音が聞こえる
        季節と移り変わってきました。
        敬老の日、お彼岸を迎え、命への感謝と自然の恵みに感謝。 
        報恩感謝をしっかりとさせて頂きたいと思います。
        今月は、”年齢を重ねる”と題して会長先生からご法話を頂きました。
        老いに関係なく今を大事に、若くても年齢は重ねていきます。
        ただ何もしなくて、年を重ねていくのではなく、感謝を重ねることが、
        年齢を重ねることではないかと思います。
         
                ◇「老いる」とは
        釈尊は「ただ年をとっただけなら『空しく老いぼれた人』といわれる」
        とおっしゃり、「他を思いやるまごころと徳を具え、慈しみ深い人こそ
        長老と呼ばれる」と明言されています。というお言葉から眼、耳、鼻、
        舌、身、意の六つの感覚、知覚を浄めていくことではないかと思います。
        開祖さまのご著書である「人生心がけ」の中で老年とはまさに熟年期
        人生最高の豊じょうのときです。その豊かな実りを楽しまなくては、
        こんな勿体ないことはありません。たあいない愚痴で自分を貧しく、
        みじめにするほど悲しいことはありません。と述べられております。
         
                ◇年をとることが喜びに
        年をとると、足腰が自由にならない。目が見えにくくなった。と老いること
        が淋しく、喪失感を感じますが、出来なくなったことを悲しむのではなく、
        今あるものの中で感謝していくと喜びが生まれてくるのではないでしょうか。
        京都大学の総長を務められた平沢興先生は、この生老病死を、
        「四苦」ではなく、四つの喜びという意味で「四喜」ととらえておられます。
        「死は無にかえるのではなく、新しい大自然の創造に参加するもの
        である」と述べられております。と平澤先生の言葉からも人間は、
        大自然の一部分であり永遠の命を頂いているんだと思うと四苦ではなく
        四喜ということが、よくわかります。
        会長先生は、老人の役割は、学んだことの一つ一つを胸に刻んで
        次の世代に伝えていくことも老人の役割の一つであり、それは先輩
        としての使命でもあるといえるでしょう。と述べて下さり、老いに負ける
        ことなく力強さを感じます。
        もう私はじゅうぶんしてきたから卒業だと思うことなく、尊い人として生まれ
        使う命として、いくつになっても菩薩行をさせて頂き、生きがいと喜びを
        感じて参りましょう。
        とりわけ、人間としてこの世に生まれた喜びや生命の尊さ、有り難さ
        など、人生の核心・要となるものを後生に伝えることは、まさに思いやり
        の発露であるといえます。
        老いていかなければならない人間が、いかに老いるかということを会長先生
        のお言葉から真剣に道を求めて有意義な人生に、そして若き者も人生の
        先輩を尊び、尊重し、大切にさせて頂きましょう。
         東日本大震災で被災された方々、原発問題を決して忘れないよう、いつも
        心に思い自らの心を浄めて耕して参りたいと願っています。私達は、毎朝
        「私にできること: ↓↓ 」を歌っています。私にできることを、明日にのばそうでは
        なく、今実行にうつしていきたいと思います。
                                               合掌
                             滋賀教会長
                                     関戸 快枝

        東北支部レクレーションinグリーンパーク山東

        0

          東北支部 支部行事報告

          7月24日(日)23年度の支部行事を米原市の「グリーンパーク山東」で開催させて頂きました。

           「支部行事を通し サンガの輪を広げよう」
           「サンガの結束を深め お互いを思いやる心を養おう」


          を願いに普段出会えない会員さん同士が一緒にグラウンドゴルフやレクレーションをさせて頂きました。
          歓声あり、悲鳴あり、小さい子から年配者まで一緒になって楽しみ、中でも法輪会員さんの底力が遺憾なく発揮された一日でした。!(^^)!

                    206f5837.jpg


          滋賀教会「大津道場」開き

          0

             滋賀県大津市真野普門の地に、平成16年12月5日布教の
            拠点として、大津連絡所のお手配を頂きました。

            湖西地区の信者さんがコツコツと布教され、又、ご精進を重ね
            られ6年後の昨年、大津道場のお手配を頂きました。

            今年6月には、両祖さまのご尊影をお迎えし、又、仏具もお手配頂き、新たな気持ちで精進をお誓い致しました。

            多くの信者さんの安らぎの場となり、法の華が咲きほこりますことを念じます。

            みなさまも是非、ご参拝下さいませ。
                                             合掌

                       bbbac462.jpg


            8月のお言葉

            0

               今月は、戦争犠牲者慰霊、平和祈願の月です。
              又、お盆のお墓参りや里帰り、夏休みをご家族で過ごされ
              る日々もあると思います。
              平和を祈り、私達はなぜ生まれてきたかを、会長先生の
              ご法話から学んで参りましょう。

               今月のご法話は「心を磨く」を頂きました。


                     ○ 経典を“読む”

              会長先生から、
              私たちはみな「心を磨き、人格を磨いて
              人に喜ばれる人間になりたい
              」と願って、人生を歩んで
              いるといえるでしょう。


              と教えて下さっています。

              私達は、尊い生命を頂き、願いを持って生まれ人生を
              歩んでいるんだと思うと、生まれがいを感じます。

              そして
              仏さまの心を汲みたいと経文を素直に読誦して
              いると、それがそのまま心の栄養になる。
              いわば薫染( よい感化を受けること )の作用があると
              いえるのです。

              と毎日の読経供養から、心の栄養、よい感化を受けて
              いることを示して下さっています。


              心の栄養を頂ける読経供養を、ご家族や、皆さんで
              させて頂きましょう。
              ご供養をするなかで経文の心を汲んで釈尊に倣おうと
              しているのです。
              いかに多くの仏典を読んでも、それが心を磨き日常の
              実践に結びつかなければ意味はないといえそうです。


              心の栄養、よい感化を受けているのですから自らの心を、
              くもらせることなく日々の生活に生かしてまいりたいと
              思います。

                    ○ 仏のいのちと一つ


              心を磨くというのは「自己をならう」ことといえます。
              ではその自己とは何か。
              いのちの本源は一つであり、生きとし生けるものすべて
              仏性そのものである。


              先月のご法話で学びました、親から授かったのは仏心
              ただ一つということだと思います。


              経典を読み心を磨くというと、それだけで難しく感じる
              人もあるでしょうが、大事なのは人を思いやるあたたか
              な人間になることです。
              苦しんでいる人に、その求めに応じて素直にやさしく手
              を差しのべられる------ それが心を磨くことであり、
              学びの先にある私たちの実践であると思うのです。

              心を磨く助けとなるのであれば、儒教の四書五経や
              キリスト教のバイブルや古今東西の名著はもちろん、
              現代においては多く人の心を打つマンガなども、
              その対象の一つとなり得るでしょう。


              心を磨くことを、わかりやすく説いて下さり佳い書を読む
              ことも、大人も青年も、子どもたちも実践してみたらいかが
              でしょうか?

              東日本大震災で被災された方々の心に思いをよせて、
              人生の歩みを尊く、願って生まれてきた命を人さまに
              喜ばれるように、今月は、読経の中から、佳書の中から
              心を磨くことを意識してゆきたいです。

                          滋賀教会長 関戸 快枝


              7月のお言葉

              0

                今月は盂蘭盆会の月です。

                日蓮尊者の故事にならって行われる法要で、ご先祖さまに
                感謝を捧げ  人さまとともに幸せに生きる といううことを
                お誓いします。 父母のご縁を頂き 仏の子として
                もとに感謝をするありがたい月です。
                今月の会長先生のご法話は
                       親孝行と仏道   を頂きました。

                親孝行は立正佼成会の生活実践の中で
                最も身近なものです。

                子どものいない人はいても、親のいない人は
                いません。
                子は親を縁として生まれてくるのですから親子の
                縁は 自分がこの世に生きていく 一番の基本の
                関係です。

                ご法話の中の?仏心という宝物?を頂いてます。

                私達は この世に偶然に生まれてきたのではあり
                ません。
                人さまの悩み・苦しみを救っていく という願いを
                持って生まれてきました。大変尊い命です。
                この願う心が 仏心です。
                仏さまの み心です。

                会長先生は仏心という尊い命を授けてくださった
                親や先祖への感謝が大事です。
                親孝行は 単に 自分の直接的な親への孝行に
                とどまらず 親をたどっていけば、ご先祖さまにいきつきます。
                ご先祖さまをめぐっていくと 仏さまのいのちと同じ
                一つの ところに帰る。

                そして
                 私たちにできる いちばんの親孝行や先祖供養は
                 生まれつき授かっている仏心  仏性をよりよく
                 はたらかせ、磨き 本来の輝き そのままに生きることに
                 ほかならないのです。』とご法話下さいました。

                 
                みんな仏心を授かっているのですから
                 こんな私はダメだとか、あの人はダメな人とか
                 誰一人いませんね。

                 

                私に今 出来ること 願いを持って 仏を目指す
                道を輝いて歩みましょう。

                 

                次に 親に安心してもらうこと では

                会長先生はあなたは親孝行ですかと問われて
                「はい」とハッキリと答えられる人は少ないと思います。
                もちろん、私もそうです。』
                と答えておられます。

                皆さんはいかがですか?
                考えてみて下さい。

                会長先生は『 父母は何につけ 子を案ずるのだから
                親に心配をかけないのが孝行である
                 
                といった
                教えにふれるたび、深く反省させられます。 それだけに
                私は自らのお役をとおして まず 
                親に安心してもらえる
                ように
                 
                と念を入れて日々を過ごしています。』とご法話
                下さいました。

                私達も 今日の私は 親に安心してもらえただろうか、
                ご先祖さまに安心してもらえただろうか、
                仏さまに安心してもらえただろうか、と 自分の心を
                問うことが  とっても大事ではないかと思います。
                自分が幸せになるためには自分のもとを拝むことから始めましょう。
                今月は盂蘭盆会のご供養を 心をこめてさせて
                頂き、安心してもらえるような生き方をしようと
                お誓いしたいものです。

                人間として生まれ、教えにめぐり値い、心を
                清浄にして恩恵をこうむっている今こそ、人さまに
                もお伝えさせて頂き、皆で幸せにならせて頂きましょう。

                                             

                滋賀教会長  関戸快枝


                東日本大震災復興ボランティア報告

                0
                  東日本大震災 継続的支援に高まる期待
                  滋賀教会も会員ボランティアへ参加する
                          (宮城県)
                  5月23日〜26日  門、山藤、今村夫婦、梅田、
                                              前川、木村、谷口、斉藤、徳田
                  5月26日〜29日  村田(京)
                  6月13日〜16日  北岡、野口、苗村
                  6月19日〜22日  筧、岡村、中江、門、飯田
                  7月 4日〜 7日  原夫婦、村田(雅)、山藤、今村
                  心に寄り添い  復興へ全力!
                  cba794c3.jpg
                  cdbc431b.jpg
                  49e0dc10.jpg
                   
                  被災地でボランティア活動に励む会員
                  継続した支援が求められています..

                  ・少年部 親子団参

                  0
                     少年部では、小学生とその保護者の方を対象に7月30日(土)~31日(日)に
                     東京の本部へ参拝をさせていただきます。
                     『愛ちゅうにゅう~命・元気・ありがとう~』のテーマをもとに、親子の絆をより
                     一層深めていただき、そして今、生かされている命の尊さを改めて感じ感謝させて
                     いただく良き縁になればと思っています。
                    募集内容
                    ・日 時:平成23730日(土)  滋賀教会集合 8:00
                    ・対象者:小学1年生~6年生の親子
                    参加費:小学生 6,000円  中高生 8,000円  大人 13,000
                    ※持ち物や詳しい行程は後日連絡させていただきます。
                     楽しいこともいっぱい予定していますので、みなさんで楽しくありがたく
                     行かせていただきましょう♪♪♪待ってるよ☆

                    6月のお言葉

                    0
                      梅雨の六月となり雨に濡れた青葉も美しく、アジサイの花も
                      咲き始め四季の移り変わりを感じます。
                       
                      滋賀教会では5月23〜26日 10名、26日〜29日 1名、
                      計 11名が東日本大震災のボランティアとして参加し
                      人と人の絆、ぬくもりをいっぱい感じて帰って参りました。
                       
                      いたわり、助け合って心をひとつに夫婦の中で実践することを
                      今月の会長先生のご法話
                        「夫婦の縁をかみしめる」から学んでみましょう。
                       
                        夫婦とは家庭の中心となるものと教えて下さいました。
                       
                        皆さんのご家庭では中心となっていますか?
                       
                        よりよい夫婦のあり方、理想の夫婦像というのも容易に答えが
                        見つかりません。夫婦げんかの仲直りにも公式や秘訣などない
                        のではないでしょうか? と会長先生はご法話下さいました。
                       
                        しかし、結婚には二つの意味あいがあります。と示して下さい
                        ます。それは
                      結婚には
                        「幼児性と決別し、ほんとうの大人になる」
                        「お互いに砥石となって磨きあう」
                       
                      さて、皆さんはいかがでしょうか?
                      会長先生は「ほんとうの大人になる」 とは 「ものごとの道理を
                      わきまえ、小さなことで怒ったりしない」ということです。人にやさしく、
                      寛容になれるのが大人なのです。の言葉から日々の生活の中を
                      ふり返ってみましょう。
                      そして
                      もう一つの要点「お互いに砥石となる」は文字どおりお互いに心を
                      磨きあう存在であるということです。相手に不満を感じた時それを
                      咎めたり怒ったりするよりも「いま自分に何を教えているのか」と
                      自身の態度を見つめ直し心を磨いていくのです。苛立ちが感謝に
                      変わります。と励まして頂いてます。
                       
                      毎日を苛立って過ごすより感謝で過ごしたいですね。
                       
                      それには仏さまの教えを基に夫婦が磨きあいです。
                       
                      夫婦の絆を持続させるポイントは「愛して礼を失わず」
                      この言葉は夫婦のあるべき心得です。
                       
                      愛されるより愛すること、そして相手を共に尊敬する心を失わない
                      ことが二人の調和、夫婦円満の秘訣です。
                       
                      家庭を見直しさみしい子が生まれないように、家庭が身も心も
                      休まり安らぐ場となって思いやりの実践を今月は意識して共に
                      平和な世界を築いて参りましょう。
                       
                                          滋賀教会長  関戸快枝


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5