近江八幡支部「ダーナの集い」を開催しました!

0
    平成28年11月12日(土)

    近江八幡支部ではダーナの集いを開催させて頂きました。
    後藤教会長さんご出席のもと社会布教の最前線で頑張るダーナ衆同士が熱く語ることが出来たありがたいひとときでした。
    今年初めて参加された方も2名おられ、近江八幡支部壮年部はますますパワーアップ!
    これからも心ひとつに前進あるのみ!
    さらなる布教活動邁進へ参加者全員で決意させて頂きました。
    最後は余興の女装で大盛り上がり。
    6420664208
    新しい自分を発見された方もおられたようです(*_*;

    お忙しい中ご出席いただきました後藤教会長さん、会場をご提供頂きましたS主任さん
    ありがとうございました。
                    合掌

    平成28年次12月度行事予定

    0


      11月30日(水)〜12月1日(木)
             本部団参
      12月
       
      1日(木) 朔日参り(布薩の日)
       3日(土) お身拭い / お焚き上げご供養11:00〜
       4日(日) 開祖さまご命日
       8日(木) 成道会/夜間式典 
                       成道会p
       10日(土) 脇祖さまご命日
       11日(日) 年次全体説明会10:00〜12:00
      15日(木) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
      17日(土) 大掃除
      20日(火) つながるデー
      27日(火)〜 自由参拝
      30日(金) 元旦参り準備
         
            詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                           合掌

      東近江支部「二五八祭り」清掃奉仕に参加しました!

      0
        清掃奉仕に参加させて頂いて

          11 3 日 文化の日、東近江市の市役所の周辺に於いて今年第 40 回を迎え

        られた「二五八祭り(公益社団法人・東近江青年会議所主催)」が開催され
        ました。

        この催しは地域の物産品や個人の力作をバザー販売される、とても賑やかな
        秋の祭りです。

        市役所、朝掃除・1市役所、朝掃除・3


         二五八祭り終了後に「明るい社会づくり運動」のメンバーが、祭りの会場
        や歩行者道のゴミ拾いをしておられ、私たち東近江支部の会員 25 名も一緒に
        清掃に入りました。
        二五八祭り・1二五八祭り・3


        清掃中の沢山の出会いの中から、祭りに来られていた男子生徒さんが自転車
        のカギを落とされて困っておられたところを、清掃に参加されていた
        ?さん
        がカギを見つけて生徒さんに届けてあげられ、喜んで帰られたと心あたたま
        るお話を聞かせて頂きました。

         清掃奉仕を通して皆さんと一緒に笑顔あふれる地域をめざして行きたいと
        願っています。
        明社エプロン


                                  合掌
                               滋賀教会 東近江支部

        七五三参り

        0
            11 6 日『心と心でつながろう〜世界でたったひとりの大切なあなたと〜』
          をテーマに秋晴れのなか滋賀教会の七五三参りを迎えさせて頂き、真心からの
          お祝いをさせて頂きました。
          P1010887 (150x113)P1010884 (150x113)


          七五三を迎えられた可愛い子供さんと親御さんへ、婦人部庶務さんより、
          念品に寄せて
          「いま、ここに我が子が元気でいてくれることが当たり前でなく、奇跡です。
          この時期の親子のふれあいが、今後子供が困難なことに出会った時の心の支え
          になります。子供を膝に乗せて絵本を読んだり、スキンシップをして下さいね。」
          とメッセージを頂きました。
           
           また、後藤教会長さんからは
          「家族で三つの実践(「はい」のお返事・あいさつ・靴を並べる、イスを入れる)
          をしましょう。子供は仏さまからの授かりものです。子供から学び、子供と共に
          成長していきましょう。」
          とお言葉を頂きました。
          P1090578 (113x150)

           出席者の方からは
          「この節目を大切に、よりあたたかい家庭を築いていきたいです。」
          「授かった子供を大切に、愛情をかけて育てさせてもらいます。」
          と嬉しい感想を頂けました。

           今月、生誕 110 年を迎えられた開祖さまは、子供たちに出会われると慈愛のこも
          った眼差しを向け、声をかけられ、子供たちの豆菩薩としての成長を祈られました。
          仏さま、家族や支えてくれる周りの皆さんに感謝の気持ちを素直に伝えていきたい
          ですね。
          P1090627 (150x113)P1090603



          準備をして下さった皆さま、出席者の皆さまのお陰さまで、あたたかい七五三参り
          となりました。心より感謝させて頂きます。ありがとうございました。

                  
                             合掌
                                  滋賀教会 婦人部長

          11 月「会長先生ご法話」に寄せて

          0
            11 月「会長先生ご法話」に寄せて

            笑顔が幸せをつくる
            開祖さま生誕会、七五三参りを迎える11月、木々の葉も色付き始め日ごとに秋の深まりを感じます。
             
            開祖さま生誕110年を迎える今月に、開祖さまのような素敵な笑顔のわたしになれるようなご法話を会長先生よりプレゼントして頂けたと思わせて頂きます。
             
            11 月の会長先生のご法話は
                   「笑顔が幸せをつくる」 です。
             
            【笑顔も精進のひとつ】
             
            開祖さまのいつもニコニコしている秘訣について、 我の鎧兜を捨てて裸になる、つまり正直になると、気持ちが楽になります。そうなれば、どのような時も笑顔でいられる?― と教えて頂きました。
            私が嬉しい時楽しい時は笑顔になれますが、思い通りにならない事が起きたり、苦手な事にぶつかった時、笑顔をすっかり忘れてしまっています。
             
            開祖さまにとっては「ニコニコ顔」もまたひとつの精進であり、それがやがてほんとうの笑顔に昇華されていったということでしょう。見方を変えれば、それは辛いできごとをすぐに笑顔の種に変えることができる信仰であり、そこに幸せがあることを身で示してくださったともいえます。
             
            二人の子どもを授かり主人と共に子育てをさせて頂き、教会では婦人部長のお役をさせてもらう中で、自分ひとりで頑張ろうと我を張っている時、心は辛くなりますが、日頃より教会長さんより「話すは離す(放す)」と教えて頂くように、法座で話す。周りの人に相談したり、お願いをさせてもらうことで、仏さまの智慧を頂け自分の周りには助けてくれる人が沢山いることに気付きます。そしてたくさんの人の優しさやお陰さまを観じることができ、感謝の気持ちが沸き起こってきます。
             
            【みんなのための笑顔】
             
            滋賀教会の元気な子供さんたちの無邪気な笑顔も周りの人たちを笑顔にしてくれる菩薩の笑顔で、とても癒され心が和みます。教会のハロウィンパーティーに少年部の子がお友達を誘って参加してくれる姿、また初めて会った子がすぐに打ち解け仲良くなる姿を見て、自然に布教の出来る素晴らしさを感じ見習わせてもらいたいと思いました。
             
            笑顔は、自分が幸せになる精進のひとつであると同時に、みんなの幸せを願うところに生まれるものであります。
             
            構えず自然に、真心を込めて大事なことを伝えられる私になる為、周りの人に喜んで頂ける「みんなのための笑顔」を実践させて頂きます。一人で居ては笑顔も生まれませんが、家族が居てくれるお陰さま、お役のお陰さまで日々たくさんの人に出逢い笑顔になれる毎日です。ご縁のある人との出逢いを大切に触れ合わせて頂き、共にみんなの幸せを願って開祖さま譲りの笑顔の実践をさせて頂きます。
                                        合掌   
              婦人部長

                                    
            (会長先生ご法話  佼成 11 月号より引用)

            平成28年次11月度行事予定

            0

              平成28年次11月度行事予定

               1日(火)  朔日参り(布薩の日)/夜間式典
               4日(金)  開祖さまご命日
               6日(日)  七五三まいり
              10日(木)  脇祖さまご命日
                      新入会員の集い
              11日(金)  つながるデー
              15日(火)  釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
                      開祖さま生誕会 /夜間式典
              20日(日)  つながるデー
              30日(水)〜1日(木)
                      本部団参
                詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                         合掌


              10月「会長先生ご法話」に寄せて

              0

                秋も深まる月を迎えました。先月、十五夜の中秋の名月を見上げて、空の月あかりを感じて頂けましたか?

                つい私も写真を撮って、秋の夜空を見上げる機会を頂けました。

                味覚の秋ともいい、五感を一杯感じて過ごさせて頂きたいと思います。


                今月の会長先生のご法話は「祈りの先に・・・・・・」です。


                --祈りとは--

                古い川柳に「神仏に手前勝手を申し上げ」とあるくらい、人はいつの時代も、神さまや仏さまに願いをかなえてほしいと祈ってきたようです。

                かつて開祖さまは、「信仰というと、苦からの救われや願望成就を願って神仏に祈ることと考えられがちです」と述べたうえで、「神仏に祈るだけでなく、仏法すなわち真理に随順した生き方を目ざす」のが信仰と明言しています。


                私もお正月に神社仏
                閣にお参りにいくと、神さま、仏さまに家族の健康家内安全など手を合わせ祈っております。病気になると祈らずにおれない心境になり、どんな所にいても、心から念じる気持ちがわいてきます。


                仏法を信じて身につけ、自分が仏になる、自分が仏であることに気づく・・・。仏教の信仰はその方向にあるということです。そもそも、自分が仏であると気づけば、神仏やほかのだれかの力を恃み、「救ってください」と祈ることはなくなります。それが、自灯明、法灯明の教えに基づいて生きていく仏道というものであります。


                私は以前、8人という大家族で住んでいる時、自ら手を合わさずにいられない心境で、親から進められ、この教えに一歩踏み込みました。

                信仰によって心境が変わり、心境が変わることで、自分の日常の生活をいかに正していくこと、又新しい家族が増えて、縁となる私が正しい道を歩んで行くことが、大事な事なのだと考えさせられました。


                --信仰を深める契機に--


                私たちは、祈願の先にある大事なことを、つねに忘れてはならないと思います。その大事なこととは、「生老病死は人生につきものである。だからこといま生きていることの有り難さに気づいてほしい」という仏の願いです。苦から抜けだしたいと祈る人に、私たちはたとえば「法座に座ってみませんか」「祈願供養をしましょう」とお伝えし、ときには同じ悩みに苦しむ人のもとを一緒に訪ね歩いたりもします。それらはすべて、いま申しあげたこと、つまり仏の願いに気づくための、いわば方便です。


                私は、お役をちょうだいして、手どり、法座修行の中で、縁を頂き、人を思い、自分を振り返ることを教えて頂きました。そして、朝・夕のご供養で朝は誓願・昼は精進・夜は感謝と反省を繰り返す、おかげさまで、自分中心な私でも、少しずつ「まず人様」という、周りへの感謝の心が出来るようになりました。

                また、思いどおりいかないことに腹を立てない様に暮らさせて頂く様になりました。いつまでも、今、何が大切かを気づかせて頂ける様、日々過ごしていきたいと思います。

                                             合掌
                                                                 竜王支部 支部長
                                 (会長先生ご法話 佼成10月号より引用)


                近江八幡支部 『光輝高麗者の集い』

                0

                  近江八幡支部 『光輝高麗者の集い』

                  去る九月十七日()
                   光輝いて高い志を持つ麗しき者たちの集い
                  ?と題し、人生の
                  先輩の方々へ支部あげて敬老のお祝いをさせて戴きました。
                  当日は、教会長さんより美声高々に唄のプレゼントを下さり
                  教務部長の乾杯からブルーレイクチアーズさんのバトン披露。
                  壮年さん率いる廣部バンドも駆けつけて、SKHの普段では
                  見られない衣装でのマジックショ−で盛りあげてくれました。

                  ご招待のY氏とFさんからは、アコーディオンで大合唱や舞踊
                  で花を添えてくださり、真心の結集大会となりました。
                  お弁当は、支部皆んなの手作りを盛りつけたもののK支部長の
                  蒸した初赤飯は・・・う〜ん?教えをかみしめましょう″と
                  いう意味なのか味わい深い固さだったのも印象的でした


                  近畿支教区 壮年布教大会

                  0

                    〜待ってるでぇ、めっちゃええおっちゃん!〜
                      平成28911日(日) 会場:立正佼成会大阪教会

                     911日近畿支教区「壮年布教大会」が開催され、
                    近畿のめっちゃええおっちゃんが520名以上、滋賀教会
                    からは47名のめっちゃええおっちゃんが大阪教会に集いました。
                     どんなおっちゃんに会えるだろう、という期待と僅かな緊張で
                    参加させて頂きました。開会式ではご臨席頂いた自称壮年本部長
                    光?さまから『“世界同時菩薩行”が出来るとよいですね』
                    とお言葉を頂き、近畿のおっちゃん達が各班に分かれ“手どり”
                    に関しての熟議が始まりました。手どりを通して感じた思いを
                    出し合いながら熟議が進んでいきました。
                    “あ〜その気持ちわかる〜”と共感したり、“え〜そんな
                    ことあったんですか”と驚いたり、熟議が進んでいく中、
                    おっちゃん達の距離がどんどん近くなっていくのがわかりました。
                    光?さまも各班をまわられ、肩がぶつかるくらいまで
                    おっちゃん達の輪の中に入ってくださり、とても素晴らしい熟議が
                    出来ました。心に湧いてくる思いがどんどん大きくなり、
                    気づいたらその思いを話している自分がいました。
                    その後各グループにわかれ、班別発表の中から代表3班が決まり、
                    光?さまの前で各グループのファシリテーターにより発表があり、
                    全体討議となりました。発表された熟議のまとめ、キーワードを
                    元に会場が一体となり、“めっちゃええおっちゃん”になるため
                    にはどうするのか、がまとまっていきました。その会場に自分が
                    いると思うと感激しました。そして時間ギリギリまで、一語一句
                    確認しながら討議したのち“危機感と喜喜観を持って
                    手どり環状線を永遠(エエ縁)に走る
                    ”と決まりました。
                    今回近畿のめっちゃええおっちゃんに出会い、とても有り難かった
                    です。支部で待っておられるめっちゃええおっちゃんにお出会いに
                    手どりに歩きたい、いや、走りたい、いや走り続けたいと
                    思いました。ありがとうございました。


                                            合掌

                    P1080497
                    P1080496
                    P1080495




                    平成28年次10月度行事予定

                    0

                      平成28年次10月度行事予定

                       1日 ()  朔日参り(布薩の日)
                       2日(日) お会式・一乗まつり

                      一乗行進・物産展参加
                       4日(火) 入寂会/夜間式典
                      10日(日) 脇祖さまご命日 
                       
                      11日(月) つながるデー
                      13日(木) 日蓮聖人遠忌法要
                      15日(金) 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・避難訓練
                      20日(水) つながるデー

                      25日(火) 新宗連第11回教団交流会

                           詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                                           

                                           合 掌 


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5