【滋賀教会】平成30年次6月度行事予定

0

    1日(金) 朔日参り(布薩の日)/夜間式典

     

    4日(月) 開祖さまご命日

     

    10日(日) 脇祖さまご命日

     

    11日(月) つながるデー(湖南支部)

     

    15日(金) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

     

    20日(水) つながるデー(湖北支部)

     

    21日(木) 英語でご供養

     

     

    詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                         合 掌 

     

     


    シリーズ『今月の掲示板』 平成30年5月

    0

      教会前バス停横の掲示板、

      ほのぼのと可愛らしさを 感じられる様に 文書布教部員で

      真心を込め、季節感を演出する お手製のカブトや鯉のぼりも添えさせて頂きました。

      今月のご法話は 《楽しく生きる》です。

       


      滋賀教会平成30年次5月度朔日参りご命日式典

      0

        日時 平成30年5月1日(火)AM9:00〜

        ●機関紙「佼成」会長先生ご法話「楽しく生きる」より
         確認とおことば。
         滋賀教会 後藤教会長
        動画約7分

        当月の会長先生のご法話は  こちら からご覧いただけます。

        5月 「会長先生ご法話」に寄せて

        0

          新緑がまばゆい季節になりました。付近の田んぼも水が張り早苗が植わるのを待っているようにみえます。5月号は会長先生より「楽しく生きる」と、ご法話をいただきました。

           

          『楽しく生きる』

           

          〇どちらが楽しいか

           

          少し前の話になりますが(中略)「人がせっかく寒修行をしているのに、どうしてこんなに雪が降るんだ!」。早朝に家を出て、自動車やバス、電車で参拝する人にとって雪は困りものですから、グチが出るのも当然かもしれません。

           一方で、ある人はつぎのような声を耳にしています。「雪のおかげで、ほんとうに寒修行らしい修行をさせていただけて、ありがたい!」

          さて、みなさんは、どちらの見方をする人が、楽しく生きられると思いますか。私は後者に軍配が上がると思います。けっして、むずかしいことをいっているわけではありません。ただ、天地自然の変化を素直に見て、それをありのまま受けとめているところがすばらしい。しかも素直に受けとめているだけなのに、自分にもまわりの人にも、寒さや眠気を吹き飛ばすように感じさせるのはなぜなのでしょう。それは、ものごとを「正見」で見るか、どうか、その違いだと思うのです。

          (佼成 5月号より引用)

           

           私も寒修行の思い出があります。初日から休まずに参拝してきて最終日を迎えました。玄関を開いてビックリ!大雪です。車は雪に埋没してます。妻は「電車で行こう!」と後ろ向きな私を引っ張ります。そんな訳で車は乗ることはできませんが、妻の勢いに乗って参拝できました。寒修行後の帰りの電車は更なる積雪で途中で止まってしまいましたが、なぜかとてもさわやかで有り難い最終日となりました。あと押ししてくれた妻に感謝しました。

           

          〇「中道(かたよらない)」が大事

           

          天地自然のはたらきを素直に見る―それが「正見」ではないでしょうか。「正見」はまた、邪な見方や偏った見方、つまり自己中心の見方で見ると、不平や不満、あるいは怒りを覚えることも、大らかに受けとめることで、その結果、気持ちが楽になる見方ともいえます。仏知見とか諸法の実相を見極めるというと確かに難解ですが、雪の日の例のような見方(智慧)は、みなさんの日常でも、自然にはたらいているはずです。また最近、心臓の手術を終えて退院された方が、「これまでは、心臓が動いていることに感謝したことなどありませんでした。でも、それは当たり前ではなかったんですね」と、しみじみ話してくれました。「ああ、これが正見なのだな」と、そのとき私は教えられた思いがしました。

          (佼成 5月号より引用)

           

           私たちは今、全会員を対象にした「会員教育」を学んでいます。その教育の中で、人生には様々な出来事が起こりますが、その受け止め方の大切さを教わりました。「苦しかったり辛かったりした出来事、それによって生じた感情、そして今、思えば(お蔭さまで)と考えていけば、本来マイナスの出来事などないのです」と学び、とても勇気づけられています。

           私も自営業を廃業しなければならなくなったとき、残った借金のことや、これから先の不安等で頭の中がいっぱいになり、とても前向きにはなれませんでした。廃業イコール悪い出来事と印で押したような捉え方をしていました。教えのように正しい見方へ私の硬いスイッチを押してみると、夫婦、家族の絆が強くなっていたり、お金や物の大切さも身に染みてわかりました。今まで見えていなかったものも見えてきました。教会長さんは「正見の正の字は一つ止まってと見てとれます。間を入れることで物事を正しく見ていきましょう」と教えてくださっています。日常の出来事をおかげ様と感謝で見ていけるようになりたいと思います。

           

          合掌

          滋賀教会 渉外副責任

          (会長先生ご法話  佼成5月号より引用)

          当月の会長先生のご法話は  こちら からご覧いただけます。


          滋賀教会纏チームが福知山お城まつりに参加しました!

          0
            日時 平成30年4月15日(日)
            春の雨が降る中

            一昨年から繋がっている福知山お城まつりに今回もご縁を頂き、滋賀教会から14名の纏振りが参加させていただきました。
            同日、庭野学林学長先生が滋賀教会にご来道され、出発前にまとい部から心意気の誓願と学長さんからエールを頂きました。
            「祭りだから楽しんでね」
            出発前雨も振っていて色々な思いがある中でしたが
            シンプルな一言に心晴れやかになりました。
            福知山教会到着する頃には天気も回復し、晴れ間が見えてきました。
            「ちょいちょやさのちょやさっさ」
            お囃子に合わせて掛け声とバレンを開かせて
            寒空の中、商店街と大通りを練り歩きました。

            毎年の如く本番前の練習でヘロヘロになり本番の大通りでは満足に振れませんでしたが純粋に祭りを楽しむ事が出来ました。
            終わってみればあっという間

            歓びを分かち合い、懇親会でカレーを皆さんで頂きながら交流をしました。

            受け入れして下さった福知山教会の皆さんありがとうございました!
            福知山お城まつりを通して
            振りを極めようと現状に満足せず挑戦をした仲間
            初めて他教会さんと纏で繋がって嬉しく感じれた仲間
            思った振りが出来なくて悔しい思いを次の祭りに活かそうとする仲間
            帰りのバスの中では今日の感動をを参加出来なかった仲間に伝えて纏の魅力、繋げていく事の大切さを皆さんでかみしめました。
            沢山の仲間が秋の大山である一乗まつりに向けて収穫の種を蒔くことが出来た祭りになりました。
            この先どんな花が咲いてどんな果実が実るか楽しみにしながら練習、お手どりに邁進していきたいと思います。
            今回の歓びがあったのも
            送り出して下さった教会長さん始め滋賀教会の皆さん、道中安全に運転して下さったI壮年さん。
            沢山の支えがあったお陰さまです!

            本当にありがとうございました!
            滋賀教会 纏部長   
            合掌

            【滋賀教会】平成30年次5月度行事予定

            0
              1日(火) 朔日参り(布薩の日)
              2日(水)〜5日(土)
                     自由参拝
              4日(金) 開祖さまご命日
               10日(木) 脇祖さまご命日
               11日(金) つながるデー(甲賀/東近江)
               12日(土) 中掃除
               15日(火) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
               20日(日) 青年の日
               21日(月) 英語でご供養
               
              詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                                   合 掌 

              シリーズ『今月の掲示板』 平成30年4月

              0

                今月1日、滋賀教会は発足五十四周年の記念式典を開催しました。

                 

                今月のご法話は《円満な人になる》です。

                ・大調和のなかで

                を心に、日々掲示板の前を通って行かれている皆さまがたとご一緒に歩んでまいりたいと思います。

                 

                 


                平成30年次4月度朔日参りご命日ならびに教会創立54周年式典

                0

                  日時 平成30年4月1日(日)午前9時〜

                   

                  ●後藤教会長おことば(動画)

                  約6分

                   

                  当日の板書
                  ( ..)φメモメモ


                  4月 「会長先生ご法話」に寄せて

                  0
                    4月1日は滋賀教会発足54周年を迎えます。
                    この一年を大事に、来年の発足55周年を 明るく やさしく あたたかい心で 迎えたいと思います。
                    4月号で会長先生より「円満な人になる」 とご法話をいただきました。
                     
                     
                     『円満な人になる』  
                     
                    〇あいさつ一つで
                      
                    ある職場に、 朝のあいさつをとてもていねいにする人がいたそうです。 しっかりと相手の顔を見て、「おはようございます」 といいながら、頭をゆっくり下げる。それだけのことなのですが、 慌ただしい朝の空気のなかで、 ていねいすぎるその姿勢を煩わしく思う同僚もいたといいます。
                    ところが、しばらくすると職場の雰囲気が変わってきました。 それまで、すれ違いざまに「おはよう」と言い交わしていた人たち も、 それぞれが相手としっかり向きあってあいさつをするようになり、 やがて職場の空気が和らいできたというのです。
                    円満とは、人格が「十分に満ち足りて、欠点や不足のないこと」 です。ですから「円満な人になる」といえば、 いわば人間の理想に近づくことで、 仏教徒にとっては仏さまのような人になることを意味します。 しかし、だからといって遠い目標ということではないと思います。
                    人に安心や満足を与え、そのことをとおして、相手に「 人と仲よくしたい」という気持ちを発さしめたり、 その場に調和をもたらしたりするのが仏・ 菩薩のはたらきと受けとれば、 朝のあいさつ一つで人の心を動かし、 職場に和らぎをもたらした人は、まさに円満な人そのものです。 足りないところの多い私たちですが、だれもがみな、 仏性を具えていることの証ともいえましょう。そしてこの春、 新たな出会いを円満な人間関係にする決め手も、 あいさつをとおして相手の仏性を拝むことにあるといえるかもしれ ません。   (佼成 4月号より引用)
                     
                    相手の顔を見てあいさつをする、 簡単な様で私はなかなかできませんでした。 照れてしまうのかもしれません。今、朝食を作っていても、手を止 めて・目を見て、 起きてくる主人にあいさつする努力をしています。 主人からは返ってこない時もありますが、 させていただいた私はすがすがしくなっています。
                    教会長さんから教えて頂きました、「おはよう」 のあいさつの後に一言つけ加えること
                    「おはよう このあいだ豚汁作るの手伝ってくれてありがとう とってもうれしかったよ」
                    「おはよう 今日の髪型とってもステキだよ」
                    と、一言つけ加えることで、 相手のよいところの発見ができた私があたたかくなってきました。
                     
                     
                    〇悲しみを知る人に
                       
                    人間の本質が仏性であり、人格円満であることを示す話は、 ほかにも数多く見られます。
                    江戸時代、現在の奈良県吉野に暮らした清九郎という妙好人( 浄土真宗の篤信者)は、留守宅にあったお金を盗まれたとき、 こういったそうです。「私のような者の家に盗みに入るその方は、 よほど困っていたのでしょう。 たまたま我が家にもお金があったのでその人も得るものがあり、 うれしく思います」と。そして、「私はいま、仏の慈悲に導かれて ”盗まれる身” にさせてもらい、これほどうれしいことはありません」 と語ったというのです。
                    同じく妙好人といわれる大阪の物種吉兵衛さんは、「 よいときばかり喜ぶのならだれでも喜ぶ。 どのような難儀なことに遭うても、 その難儀の底にかかってある仏法や」と、困難が教えてくれる「 感謝の種」に気づける喜びこそ信仰の醍醐味であり、 真骨頂であることを伝えています。
                    こういう方々の心には、み仏に生かされていることへの感謝と、 人に対する慈悲、思いやりがあるばかりです。円満とは、人格が「 満ち足りて、不足がないこと」の意で、それはまた、なにごとも「 ありがたい」 と感謝で受けとめられる温かな充足感そのものといえます。
                    ところで、先の清九郎さんは父親を早くに亡くし、 母親との貧しい暮らしのなかで出会った妻とも、 三十三歳のときに死別しています。悲しみや辛さを、 とことん味わったからこそわかる、人の心の痛み。 そこからわき出る慈悲の思いが、 おのずから人を救う智慧を発さしめたのでしょう。
                    評論家の亀井勝一郎さんは、柔和な微笑で知られる奈良・ 中宮寺の菩薩半跏像の、その口もとに湛えた笑みを、 嘆きや悲しみによってこみ上げる「慟哭と一つなのかもしれない」 と綴っています。菩薩の心の奥には七転八倒の苦悩があり、 言葉に尽くせない思いがあるというのです。
                    「非智円満」という言葉があります。釈尊も、そして私たちも、 慈悲と智慧をあますことなく発揮するためにこの世に願って生まれ てきたといわれています。  (佼成 4月号より引用) 
                     
                    「困難が教えてくれる”感謝の種” に気づける喜びが信仰の醍醐味であり真骨頂である」 と教えて頂きました。
                    いま、私の母は九十五歳を迎え、少しずつ体もおとろえていき、 一年前ぐらいから動けなくなり寝たきりになっています。 認知もはじまり、言葉も発せられないのですが「誰かわかるか?」 と聞くと「うん」と首をふります。「ごはんおいしい?」・・・「 うん」と首をふります。
                    見舞いに行く私たちを喜ばせようと一生懸命努力している姿が愛おしくかわいくみえます。
                    母の生きざまを思い返してみますと、苦労・苦労の毎日でした。 洋裁の仕事をしていた母は農家に嫁ぎ、牛を飼っていたので、 雨の日もカンカン照りの日も牛のために草刈りに行っていました。 子供にお乳を飲ませに帰っても「いつまで飲ませてるんや」 と叱られたり・・・
                    嫁として母として台所に立つこともなく、 ひたすら外へ出ての作業でした。姑はきびしく、 自分の思い通りにしたい人でした。家の中のことも自由にならず、 耐えるばかりの母でした。
                    私が高校生の頃から、母と私の合言葉「やさしい、 おとなしいおばあちゃんになろうな。 されてきたことはしないでいようね。」と。
                    晩年の母は穏やかに畑仕事を楽しみにすごしてきました。しかし、長女と一緒に住み、 おこられてばかりの母の姿を見て、 私は姉を責める心がわいてきました。でも、教えにふれた私は、 姉を責めるのではなく、 感謝させていただくことなんだと思えるようになりました。 姉もおこりたくておこってないんだ、姉のつらさが理解できた時、 姉の優しい部分が見えてきました。
                    一番母のことを心配してくれているのは姉なんだと。
                    今は毎日、母を看に行ってくれてます。
                    なにもなく、穏やかに生活していたら、“してもらってあたりまえ ・できなければあなたのせい” と、自分を見つめることもなかったのではないでしょうか。 母の辛さがわかったから、「おだやかに生きたい」 と願う私にならせていただいたのだと思います。
                    今はとっても穏やかな顔をしている母、 姉妹の仲の良さを見て安心してほしいなと願っています。
                    年を重ねるごとに円満になっていきたいと思います。
                                                          合掌 
                            滋賀教会  少年部長
                      
                     ( 会長先生ご法話  佼成 月号より引用) 
                     
                    当月の会長先生のご法話は こちら からご覧いただけます。

                    平成30年3月15日ご命日式典(釈迦牟尼仏ご命日)

                    0

                      日時 平成30年3月15日(木)午前9時〜

                       

                      ●後藤教会長おことば(動画)



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5