10月「会長先生ご法話」に寄せて

0

    虫の音、コスモス、あかね雲…

    犬の散歩をしていると、キンモクセイの甘い香りに秋を感じ、季節の変わり目を味わっております。

    皆さんは如何でしょうか…

     

    今月の会長先生のご法話は

    「自他ともに心楽しい精進を」です。

     

    樹木が紅葉するように

    私たちは、ものごとにいっそう勤め、励むときなどに、努力とか精進という言葉を使います。そのためでしょうか、ひたむきな努力や精進と聞くと、骨の折れる、苦しいことに感じられます。信仰においても、「精進、精進、死ぬまで精進、生まれ変わったらまた精進」といった意気込みにふれると、思わず気圧(けお)される人もいそうです。

     ただ、精進というのは、本来、気負って努めることでも、苦しみに耐えながら励むことでもないと思うのです。

     

     私たちがよく口にする「精進しましょう」は、「まじり気のない自分本来の力を、まっすぐに発揮していこう」という意味と受けとることができるのです。

    佼成10月号より引用)

     

     目の前の人や事を大切に、思いやりの心で、ひとつひとつを優しく丁寧にと教えて頂いております。努力していこうと思いながら、触れる縁で自分の我がでてしまい、できなくなると、「何やってるんだろう」と自分で落ち込み、虚しさだけが残ってしまいます。

     

    本来の自分に出会う

     私たち人間には自分本位の我が出ることがあります。好き嫌いや善し悪しなど自分のものさしがあり、目の前の現象を素直に受けとれなくなるときがあります。そのとき、心を真理にそわせていく工夫をこらすことが「精進する」ということで、その工夫、つまり、ときに応じた精進のあり方を、釈尊はさまざまに説き示されています。

     

    ときどき顔を出す自分のわがままな心を反省したり、懺悔したりしながら本来の自分に帰るのです。ただし、やはりどれも気負って努めることではなく、むしろ自分もまわりの人も、ともに心楽しくなるような工夫ととらえてみてはどうでしょう。

     

    精進をとおして本来の自分に出会う喜びだと思います。そして、この本来の自分とは、いうまでもなく仏性にほかなりません。

    佼成10月号より引用)

     

     同居している主人の母は、心臓が悪く入退院をくり返しています。母は、私の心を磨いて下さる存在です。お決まりの嫁姑の関係、母を鬱陶しく思うことも度々…。そんな時は私自身が信仰しているのにと、自分を責めました。

     今、母と触れ合うとき、元気になって自宅に帰らせてあげたいと心から思い、いろんな話をしたり、励ましの言葉を掛けられる自分になれていることに喜びを感じています。母のおかげさまで自分の仏性に気づかせて頂けました。

    目の前の人を大切に丁寧にご縁をもたせて頂けるよう精進させて頂きます。

    合掌

         滋賀教会 教務部長 

     

     (会長先生ご法話  佼成10月号より引用)

    当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。

     


    【滋賀教会】平成30年次9月度行事予定

    0

      【滋賀教会】平成30年次10月度行事予定

       

       

      1日(月) 朔日参り(布薩の日)

       

      4日(木) 入寂会/夜間式典

      10日(水) 脇祖さまご命日

       

      11日(木) つながるデー(東近江・甲賀

       

      13日(土) 日蓮聖人遠忌法要

      14日(日) お会式・一乗まつり

       

      15日(月) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

       

      21日(日) 英語でご供養(東近江)

       

      27日(土) 主任会計野外研修

      詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

               合 掌


      シリーズ『今月の掲示板』 平成30年9月

      0

         9月4日台風21号が近畿を直撃、又9月6日には、北海道厚真町で震度7を観測する大地震がおきました。一刻も早い復興を願うと共に、今月の会長[ご法話]あらゆる 「いのち」に奉仕するを拝読し、相手や物を尊び、敬い、感謝の念をもって、与えられた役割りに一生懸命取り組んで行きたいと思います。

        合掌

         


        滋賀教会平成30年次9月度朔日参りご命日式典

        0

          日時 平成30年9月1日(土)AM9:00〜

          ●機関紙「佼成」9月号会長先生ご法話

           "あらゆる「いのち」に奉仕する"より

           確認とおことば。

           滋賀教会 後藤教会長

          動画約5分

           

          ●当日の板書
          ( ..)φメモメモ


          9月 「会長先生ご法話」に寄せて

          0

                
            “暑さ寒さも彼岸まで” この夏は今までにない猛暑の日々でしたが、9月は秋のお彼岸を迎えますので涼しい日の訪れが待ち遠しいです。
            今月は あらゆる「いのち」に奉仕する というご法話をいただきました。

             

            〇感謝し、仕える
            私たちは、生きていくために必要な衣食住のそれぞれを、随時、手に入れなければなりません。そのことについて、仏教では「正しい生活法によってそれを求めるように」と説かれています。
            「正しい」とは、どういうことなのでしょうか。「農民は作物に仕え、牧場主は牛に仕え、教育者は子どもに仕える」といった言葉を教えていただいたことがあります。「仕事」は漢字で「事に仕える」と書きますが、仕えるというのは偉大な存在に随うことですから、仕事の対象となる相手や物を尊び、敬い、感謝の念をもって、与えられた役割に一所懸命とりくむ――そのような姿勢が、「正しい」の意味するところだと私は受けとめています。

            (佼成9月号より引用)

             

            総務のお役では物の取り扱いが多いので、「もう!壊れたの?」「また!買い換えなくちゃ」「なんで!すぐ無くなるの?」と走り回り、振りまわされ、挙句に愚痴をこぼしています。
            壊れた物(例えば掃除機など)に対して、消耗品に対して、それまで役立ってくれたおかげという見方でなく、あって当然と感謝の気持ちを持つことはできませんでした。

             

            あらゆるものを拝む気持ち、感謝の念は、仕事はもちろん、私たちの生活すべてにわたる「正しい」生き方の根本だということでしょう。そして、その気持ちがあれば、不平や不満を抱くことなく、素直に、喜びをもって目の前のことに打ち込むことができるのです。
            (佼成9月号より引用)

             

            正しいとは、そして仕えるとは、いのち尽きるまで働いてくれた品々があればこそお役が果せ、お役に立てると素直に受けとめて、楽しくつとめさせていただきます。

             

            〇正しい命の使い方
            私たちの食事は農作物や、魚、肉など他のいのちを食していますが、そのことに思いをはせるより自分を満足させてしまいます。食卓ではお腹一杯になったからと残し、食べ物を処分し、レストランのバイキングではどれも美味しそうとあれもこれもとお皿にとり、結果食べきれず残してしまうということもあります。

             

            そのことをご法話では
            あらゆる「いのち」が幸福になるための貢献が、私たちにもできるのです。私たち一人ひとりが、暮らしのなかの小さなひとコマもおろそかにしないで、「正しい命の使い方」につとめればいいのです。
            (佼成9月号より引用)
            と教えて頂いています。

             

            私にとって「正しい命の使い方」とは、この世の中のすべてにいのちが宿り、尊いものであると感謝で精進することだと思います。

             

            9月10日は脇祖さま報恩会です。信仰とは日々の暮らしそのものだということを教えられた、脇祖さまの報恩会を感謝の気持ちで迎えさせて頂きましょう。

             

            合掌

             

            (会長先生ご法話 佼成9月号より引用)
            滋賀教会 総務部長

            当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。


            【滋賀教会】平成30年次9月度行事予定

            0

              【滋賀教会】平成30年次9月度行事予定

               

              1日(土) 朔日参り(布薩の日)/夜間式典

               

              2日(日) 沖島清掃

               

              4日(火) 開祖さまご命日

               

              10日(月) 脇祖さま報恩会

              11日(火) つながるデー(竜王、日野)

               

              15日(土) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                     県政報告会

               

              20日(金) つながるデー(支部)

               

              20日(金)〜24日(月)

                     秋季彼岸会

               

              21日(土) 英語でご供養(竜王)

               

              詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                       合 掌


              竜王支部行事《ウッシッシ!で酷暑を乗り切ろう!》

              0

                開催日 平成30年7月24日(火)

                【竜王支部】

                4月の《お花見》から始まった竜王支部の支部行事も今回で2回目になります。

                今回は《ウッシッシ!で酷暑を乗り切ろう!》をテーマに支部のみんなで朽木村にある宝牧場に行って参りました。
                みんなこの日を楽しみにしていました。

                今年は、教会長さんと学林本科生のEさんもご参加頂きみんなでワイワイ、大盛り上がりのひと時を過ごさせて頂きました。


                滋賀教会平成30年次8月度朔日参りご命日式典

                0

                  日時 平成30年8月1日(日)AM9:00〜

                  ●機関紙「佼成」8月号会長先生ご法話
                   「敬う心と恥じる心」より
                   確認とおことば。
                   滋賀教会 後藤教会長
                  動画約6分
                  ●当日の板書
                  ( ..)φメモメモ

                  シリーズ「今月の掲示板」平成30年8月

                  0

                    猛暑が続いています。

                    今月は、広島原爆忌、また長崎原爆忌、の月です。掲示板の前を通られる皆さんのご健康を念じるとともに、平和に関心を持ち、亡くなられた方達のご冥福をお祈り致します。

                    合掌

                     


                    8月 「会長先生ご法話」に寄せて

                    0

                       8月に入り、まだまだ暑い日が続きますが、せみの元気な鳴き声にも負けず、終戦記念日(戦没者慰霊並びに平和祈願の日)を迎える今月、世界平和を願い過ごさせて頂きたいと思います。

                       今月は会長先生より『敬う心と恥じる心』いうご法話を通して、八正道の「正行(正業)」(正しい行ない)について教えて頂きました。

                       

                      〇仏さまからのアドバイス

                       自分が殺されたり、何かを盗まれたり、道ならぬ関係で苦しむ立場になることを思うと、人さまに対してけっしてそのようなことはできません。

                      佼成8月号より引用)

                       

                       青年総務のお役を頂き、部員さんとご縁を頂く中で、連絡してもかえって来ず、心配することがありますが、振り返ってみると、すべて自分だなと思わせて頂きます。

                       先日、私はある行事に参加しました。出発する時には、‘行かせて頂きます’とお伝えしたものの、帰って来た時には自分の事ばかりで、待っていて下さる方の事を考えず心配をかけてしまいました。

                       人や条件のせいにする私ですが、相手の立場に立って、自分がされて嫌なこと、言われて嫌なことはしないように、心がけたいと思います。

                       

                      〇「正行」が当たり前に

                       そうであれば、「戒律を守らなければならない」と意識する以前に、いつでも自然に、「苦悩しないですむような行ない(正行)をせずにはいられない」ようになればいいのです。 

                      佼成8月号より引用)

                       

                       私は、今年から会社に勤めるようになりました。教会長さんより、仕事に行くにあたって挨拶を大切にと教えて頂きました。

                       会社に行く道中、今まで挨拶もした事無い方が、「おはよう」「行ってらっしゃい」と声をかけて下さいます。その事が嬉しく、自分からも挨拶をさせて頂こうと思うのですが、なかなかできずにいた私でした。やっと挨拶をしても返事がない時には、聞こえなかったのか、なぜ返事をしてくれなかったのだろうと捉われ、自分からあいさつ出来る日もあれば出来ない日もあり、今までの私ならそこで続かず止めていました。

                       しかし、‘明日はもっと大きな声でいってみよう’‘近づいて言ってみよう’と挨拶するように心がけていると、少しずつ自分からも挨拶できるようになってきました。毎日の挨拶を通して、挨拶が大事とわかっていても、ただ挨拶をするだけでなく、相手の状況などをよく見てする事が大事と思いました。いつでも自然に出来るよう、続けていきたいと思います。

                                          合掌

                                  滋賀教会  青年総務

                       (会長先生ご法話  佼成8月号より引用)

                      当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5