平成30年1月1日元旦参り式典

0

    日時 平成30年1月1日(月)元旦 午前6時〜7時

     

    ●後藤教会長おことば(動画)

     

    ●当日の板書( ..)φメモメモ


    平成30年次1月度行事予定

    0

      【滋賀教会】平成30年次1月度行事予定

       1日() 元旦参り
       2日()〜4日()
            自由参拝
       4日() 開祖さまご命日
       7日() ご親教
      10日() 脇祖さまご命日
      11日() つながるデー(支部)
      15日() 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)/夜間式典
      20日() つながるデー(支部)
      21日() 成人式
            英語でご供養
      25日()〜2月3日()
            寒中読誦修行
      詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                合 掌 

      平成29年12月15日ご命日式典(釈迦牟尼仏ご命日)

      0

        日時 平成29年12月15日(金)午前9時〜

         

        ●後藤教会長おことば(動画)

        ●当日の板書( ..)φメモメモ

         


        平成29年次12月1日布薩の日ご命日式典

        0

          日時 平成29年12月1日(金) 午前9:00〜

           

          ●後藤教会長おことば(動画)

           

          ●当日の板書

          ( ..)φメモメモ


          シリーズ「今月の掲示板」 平成29年12月

          0

            県道側に設置されている掲示板はクリスマスの装飾です。

            今月は『型を身につける』です。


            12月「会長先生ご法話」に寄せて

            0
               2017年の師走を迎え、なんと月日が過ぎるのが早いことかとの思いです。一年をふり返り、よろこびや悲しみ、別れ、あんな事こんな事と時を刻んだ日々に感慨無量です。
               12月は会長先生から『型を身につける』とテーマを頂戴いたしました。 型とは基準になる形、あるもののかたちを作り出すもの、芸能や武道などで規範となる動作といわれています。日常生活での動作が型という意味のあるものとは意識せずに過ごしてきました。
               「型は方便」
              私たちの日常生活における身近な所作にも「型」というものがある、と私は受けとめています。 ちなみに「所作」とは、仏教で「身と言葉と心の三つのはたらきの現われ」をさします。では、その心とは何か。どのような心を「型」として身につけることが大切なのか―結論を先にいえば、思いやりや慈しみの心にほかなりません。思いやりや慈しみを体現し、それを「型」として日々実践することによって、私たちは慈悲の心をさらに深く胸に刻みつけていくのです。
              朝起きたら顔を洗い、朝の挨拶を交わし一日が始まります。出かけるときには「行ってまいります」と外へ、帰ってきたら「ただいま」と家に入り、食事のときには「いただきます」、「ご馳走さま」と箸をおろします。そんな他愛もないことと意識せずに過ごしています。ところがその動きの一つひとつが家族に対しての感謝や食物に対する感謝のこころを表す所作で、そこに心を込めるという大事なことだったのに置き去りにしていました。
              「形は無我の実践」
               仏教に「一即多・多即一」という言葉がありますが、根底となる思いや願いを忘れないことが肝心なのです。その意味では、仮に個性の数だけ「型」があるとしても、自分勝手な「型」は、「型」とはいいません。むしろ、「自分の思いどおりにしたい」というわがままな心を抑えるために「型」があるといえるのです
              思いが解りあえない人との話しや、行動を共にすることから避けようとする、避けている私です。会長先生からそんな我を型によって取り払えると示してくださっています。思いやりや慈しみの心を反映した型を身に付け穏やかなときを重ねていきたいと思います。 一年の締めくくりにどこまで心田が耕せたかこのことで振り返る機会を頂戴いたしました。
              来年は教団創立八十周年を迎えます。本会の歴史を支えてきた大切な「型」を身に付け、感謝のこころを深める師走を過ごして参ります。
                        合掌
                      滋賀教会 総務部長
                                (会長先生ご法話  佼成12月号より引用)

              湖北支部『第2回きらりん広場』開催

              0

                11月21日(火)、湖北支部『第2回きらりん広場』をYさん宅で開催させて頂きました。

                K講師さんより家庭教育のお話をして頂き、そのあと皆で持ち寄った食事を頂きました。

                 

                家庭教育のお話しの中では、「何歳になっても“愛の充電”が大切です。そうすることによって親子の信頼関係ができ、子ども自身が本当に困ったとき、悩んだ時に子どもの方から話してくれるようになります。」と教えて頂きました。

                “愛の充電”とは
                ・スキンシップ(抱きしめる)
                ・思いを受け止める(呼ばれたら先ずは返事をする)

                ・優しい言葉かけ(挨拶《おはよう、いってらっしゃい、おかえり》を相手が返事をしなくてもする)
                の3つで、これを大切にすることで、子どもに安心感を与えられるということです。
                私も3歳の子どもがいますが、呼ばれても忙しいとつい、「はい」の返事よりも「ちょっと待って!」と先に言ってしまっているなぁとふり返ることができました。呼ばれたら先ずは「はい」の返事をして相手の思いを受け止め、そこから今すぐできることか、少し待って欲しいかを子どもに対して伝えていけるようにしたいと思いました。


                家庭教育のあとは楽しくお喋りしながら、各自手作りのお料理を美味しく、お腹一杯頂きました。残念ながら参加して頂けなかった主任さんからも差し入れを頂き、思いを寄せてもらって頂いていることを嬉しく思いました。
                心もお腹も満腹の1日となりました。
                ありがとうございました。
                           合掌
                   湖北支部 婦人部 N


                平成29年次12月度行事予定

                0

                   1日(金) 朔日参り(布薩の日)/夜間式典

                   4日(月) 開祖さまご命日

                   8日(金) 成道会

                   9日(土) 大掃除/お身拭い

                  10日(日) 脇祖さまご命日

                         年次全体説明会

                  11日(月) つながるデー

                  15日(金) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                  20日(水) つながるデー

                  21日(木) 英語でご供養(竜王)

                  28日(木)〜自由参拝

                   

                  詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                                       合 掌 


                  平成29年 七五三参り

                  0

                    平成29年 七五三参り

                     

                     11月5日秋晴れの中、滋賀教会の七五三参りを迎え18名の七五三児さんをまごころからお祝いをさせて頂きました。皆さんに喜んで頂けるようにと、婦人部・少年部が中心になって、手作りの名札・看板・記念品など準備をさせて頂き、教会の皆さんの支えのおかげさまで大切な人生儀礼の式典を執り行わせて頂きました。

                     
                     

                     絵本を贈呈するにあたって婦人部庶務さんよりお祝いの言葉として、

                    「子供の重みは子育ての重み。子供をお膝に座らせて、成長の重みを感じながら絵本を読んであげてください。ギュッと抱きしめて、大好き♡たからものだよ!と言ってあげてください。このスキンシップこそが、困難な経験をした時に乗り越えていける力にかわっていきます。」と贈って頂きました。

                    また、教会長さんより七五三児に向けて「ハイのお返事、あいさつをする・履物を揃える・イスを入れる(3つの実践)をさせてもらいましょう。」ご家族に向けて「子供は神仏からの授かりものです。子供という縁を通して学ばせて頂きましょう。」と、お言葉を頂きました。

                     

                     7歳児を代表して、少年部さんが将来の夢を「色々な所にお客さんを運んであげたいから電車の運転手になりたいです。悪い人をやっつけるために忍者になりたいです!」と発表して下さり、純粋な子供さんの成長を一緒に喜ばせて頂きました。

                     

                     私自身も我が子が七五三の節目を迎え、今までたくさんの人に育てて頂いてきたことに改めて感謝させて頂く日となりました。

                    出席して下さった皆さま、お祝いをして下さった皆さま、本当に有難うございました。

                                  合掌

                           滋賀教会 婦人部長


                    平成29年 青年の集い〜萌芽〜

                    0

                      平成29年 青年の集い〜萌芽〜 

                       

                       10月29日、大阪普門館にて「平成29年度 近畿支教区青年の集い〜萌芽〜」が行われ、滋賀教会からも43名が参加しました。

                       

                      近畿支教区の青年が、笑顔あふれる平和な世界を目指し、信仰の芽を発見することを目的に、ユニセフ募金1000万円・1000人の布教リーダーが一食を捧げる運動に取り組み、支教区金額2割増を目標に、約5か月間各教会で取り組んできました。

                      滋賀教会を代表して婦人部のYさんと少年部のHさんが取り組み発表をして下さいましたので紹介させて頂きます。

                       
                       

                       滋賀教会の取り組みとして、青年部では式典で募金の呼びかけをしたり、青年部が中心となって街頭募金に立ったり、各支部の街頭募金に参加しました。街頭募金は計12箇所、64人の青年部員と多数の一般さん壮年さんが立たせて頂き総額634829円となりました。

                       また、青少年育成研究会の中で萌芽に向けての作戦会議を支部ごとに行ない、支部の皆さんの協力を得て観光地やお店など、人がたくさん集まるところを手配して頂き募金に立たせて頂きました。

                       そのうちの一つは佼成会、開祖さま、会長先生ともご縁の深い比叡山延暦寺でした。大型の観光バスや車でたくさんの方が参拝に来られており、子供たちが大きな声で募金を呼びかけるとたくさんの方が喜んで協力して下さいました。月々ユニセフに送金しているとおっしゃるかた方も何人もおられ、日頃から世界の苦しんでいる方に心を寄せて布施行をして下さる方がおられることも分かり、有難い気持ちになりました。

                        

                       

                      私には6歳と4歳の子供がいます。今回の取り組みをきっかけに、世界には食べ物が十分になかったり、学校に行けなくて困っている子供たちがいると我が子も知ることが出来ました。また、困っているお友達のために「街頭募金でみんなに協力してもらうこと」「自分の欲しいものを少し我慢して募金に充てること」が出来ると考え、一緒に街頭募金で大きな声でお願いをしたり、おやつを我慢したりすることでユニセフ募金に協力することが出来ました。

                      小さい子供なりの「同悲」「祈り」「布施」を実践できた良い機会を頂けたことに感謝しています。

                      今回の一食ユニセフ募金を通じて子供から大人まで、みんなが同じ方向を向いて取り組むことが出来ました。その結果一体感が生まれこれまで以上に縦と横の繋がりが強くなったと感じています。ありがとうございました。」

                       

                       近畿支教区で募金総額は、10233142円となり、おかげさまで目標を達成することができました。何よりこの取り組みを通して、一人一人の青年に信仰の芽が芽生えてきたように思います。一人一人の想いと行動が集まって大きな力になったと感じ、この経験を大切に今後もユニセフ募金に取り組ませて頂きたいと思っています。

                      協力してくださった皆さま、本当に有難うございました。

                                     合掌

                               滋賀教会 青年部



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5