10月「会長先生ご法話」に寄せて

0

    10月「会長先生ご法話」に寄せて

     

     彼岸花が咲き、通る人達に私はここにいますよと呼びかけている様に感じ、つい笑みが溢れます。

    8月の猛暑もいつの間にか過ぎ、朝夕めっきり涼しくなりました。先月のご法話、『人に「伝える」という事』を通して、相手とのご縁を大切にして、いつだれに対しても「学ぶ」姿勢を忘れない。

    つまり「ありがたい、うれしい、楽しい、と感じた純粋な気持ちを素直に伝えると教えて頂きました。」

    今月の会長法話は『「苦悩」と「苦労」』です。

     

    悩むことは大事

     

    たくさん悩んで苦労を重ねたことが、のちのちその人の大きな心の財産になっているというケースをよく見聞きします。今月四日に入寂会を迎える開祖さまは、子の病という苦悩が宗教とのご縁となり、その後、人生を大きく変える法華経との出会いがあったわけです。そう考えると、「悩むからこそ、いろいろな教えを求め、どう生きることが大切なのかを真剣に考える」といえそうです。     苦しみや悩みは貴重な経験として「ありがたいもの」だということも、いろいろ体験をして初めて「ああほんとうにそうだな」「苦があればこその楽なのだ」と受けとれるようになると思うのです。

    先日帰りが遅くなった事で、主人は不機嫌でした。怒っても当然だなぁ〜と思う心と、前から遅くなるって話してたのにと私の心は動きました。

    私はどこか自分を正当化する心が起きました。主人を責める心はありませんが、辛くなる自分がありました。

    しかしよく考えてみると、逆の立場になれば怒るのも無理はないと思え、わかっていても腹がたつんだろうなぁ〜と思えました。そういう心になると今までの自分の在り方を反省したり、日頃の当たり前のことに感謝が薄れている事にも気付き、ありがたい気持ちになりました。

    「大いなる苦労人」に

     釈尊は「一切皆苦」―この世のものごとはすべて苦であると教えてくださっています。開祖さまは、「この真実をしっかりと見つめ直し、それを腹の底に据え直すことが、何より大切」で、「そうすれば、苦境というものは、なにも特別なものではなく、人生にとって、ごく当たり前のことだということがわかってくる」

    「苦悩」と書くとき「悩」は「心を乱す、思いわずらう」という意味で、これは頭の中で問題が「停滞」し、堂々めぐりしている

    「苦労する」というときの「労」は、「つとめや仕事の疲れや骨折り」をさし、そこには問題を一歩前に進める「動き」があります。

    悩みや苦しみに直面したときには、体を使って「何かやってみるほうがいい」でしょう。そうすると「苦悩」が「苦労」に変わります。

     

    ここを拝読させて頂いたと時は、私は思い悩んで堂々めぐりをしていた事に気付きました。過去に執らわれている間は、苦悩で自分を見失うこともありました。

    昔の諺に苦労は買ってでも・・・とあります。

    沢山の体験で視野が広がり、相手の思う心も深まると思います。

    人様の為に労をいとわず動くことが「苦悩」を「苦労」に変える秘訣だと教えて頂きました。

    自分の事よりまず人様という心で、いつもはれやかにいられる自分になれる様、意識を持って、努力させて頂きます。

    合掌

    湖南支部 支部長

    (会長先生ご法話  佼成10月号より引用)

    *当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。


    シリーズ「今月の掲示板」 平成29年10月

    0

      滋賀教会文書布教部では会員以外の皆さまにもご法に触れて頂くことを願って、道場外掲示板に毎月一粒の種を蒔かせて頂いています。

      今月は「『苦悩』と『苦労』」です。

      作成中            掲示作業中          出来上がりました

        

                             合掌

                           滋賀教会 文書布教部


      【滋賀教会】平成29年次10月度行事予定

      0
        【滋賀教会】平成29年次10月度行事予定

         
        1日(日) 朔日参り(布薩の日)
               避難訓練
        4日(水) 入寂会/夜間式典
          9日(月)〜10日(火)
                当番団参
         10日(火) 脇祖さまご命日
         11日(水) つながるデー(大津)
         13日(金) 日蓮聖人遠忌法要
         15日(日) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
                お会式・一乗まつり
         20日(金) つながるデー(東近江)
         21日(土) 英語でご供養(日野)
         30日(月) 宅地因縁清浄供養
        詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                             合 掌 

        【シリーズ】「今月の掲示板」平成29年9月

        0

          滋賀教会では県道向き掲示板に道行く皆さまへご法の種を蒔かせて頂いています。

          今月は「人に『伝える』ということ」です。

           

          作成風景         貼り出し風景
           
                       滋賀教会 文書布教部
                            合掌 

          平成29年次9月1日布薩の日ご命日式典

          0

            ●後藤教会長おことばと佼成確認(動画)

             

            ●当日の板書

            ( ..)φメモメモ


            九月「会長先生ご法話」に寄せて

            0
              九月「会長先生ご法話」に寄せて
              八月は、見えないはたらきに気づくには、宗教や信仰が気づきのきっかけを与えてくれると教えて頂きました。私たちはどうすれば仏様からのメッセージに気づけるのでしょうか。それは、素直になることと教えて頂き、0・1秒の拝を間髪入れず実践させて頂きました。
              九月の会長先生のご法話は人に「伝える」ということです
              法を伝える意味
               仏さまの教えを学び生活のなかで実践していく------ それは、さまざまなことが起こる人生において、たとえ悩んだり、悲しい思いをしたりしても、直面した苦悩を受けとめて乗り越えていく「智慧」を身につけることになります。さらに学んだ教えを人さまにお伝えすることは、よりよく生きていくうえでの「智慧」や「慈悲」を体得する大事な実践であります。
               臨済宗松原泰道師が、説法の意味を「法は人のためにではなく、自分のために説くのだ」とおっしゃっています。法を伝えること、つまり布教伝道は、「一人でも多くの人に真理を知ってもらい、幸せになってもらいたい」と願う法の布施であると同時に、法を伝えることをとおして、自分の心田を耕していく精進にほかならないのです。
               私は八月の式典担当のお役を頂きました。その中で心一つにさせて頂くことの難しさ、伝わっていないことも知らずに、目の前に迫っている行事に囚われていました。仏の説法とも気づきもせず、ただこなしているだけの自分に気づかせて頂きました。一人一人を大事にし、相手を尊重し対話をして行く事を教えて頂き、求道心を持ち自ら寄って行く事を実践させて頂きました
              「智慧海の如くならん」
              私たちは、自分がよくわからないことを人に伝えることはできません。また、人にものを伝えるには、それなりの理解が必要です。ところが、私たちの知識や経験の量はほんのわずかです。そうすると、人に何か伝えようとするときに大事になるのは、「自分は何も知らない」という謙虚な姿勢ではないでしょうか。 私たちが読経供養の際に唱える「三帰依文」には、つねにその場にふさわしい仏さまの智慧をいただくには、つまり相手とのご縁を大切にして、いつ、だれに対しても「学ぶ」姿勢を忘れないことを、この一節から教えられます。
               また「伝える」ことの大事なポイントは、「ありがたい、うれしい、楽しいと感じた純粋な気持ちを、素直に伝えることほど人のこころに響くものはない」ということです。日常にあてはめると、「ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく」そこには、つねに感謝を忘れない心の姿勢があり、日々の幸せと喜びがあります。 感謝ということは、人間だけができること。その自覚に立って、ありがたいことをたくさん人さまにお伝えしていきたいと思うのです。
               今年九九歳を迎え益々元気になって行く母の声を聴きながら、弟夫婦に感謝の気持ちで杯です。一時は認知症
              を患うほどで心配しましたが、夜は晩酌をしながら、孫たちとの話に花を咲かせ、週三回のデイサービスにも行っています。 お役のお陰様で感謝を伝えられ、ありがたいことをたくさん見つけ、家族、支部の方、触れ合う方に法をお伝えし、ありがたいことをたくさん人さまにお伝えさせて頂きます。
                                                     合掌
                                            滋賀教会 湖北支部支部長
                                      (会長先生ご法話 佼成9月号より引用)

              平成29年次9月度行事予定

              0

                  1日(金) 朔日参り(布薩の日)/夜間式典

                  4日(月) 開祖さまご命日

                10日(日) 報恩会

                              学林学長 庭野統弘先生ご来道

                11日(月) つながるデー(日野)

                15日(金) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                17日(日)〜18日(月)

                             近畿支教区 壮年本部参拝

                20日(水) つながるデー(近江八幡)

                21日(木) 英語でご供養(甲賀)

                24日(日) 秋季彼岸会

                詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                                     合 掌 


                平成29年次8月15日戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日/釈迦牟尼仏ご命日ならびに布薩の日

                0

                  日時 平成29年8月15日(土) 午前9:00〜

                   

                  ●後藤教会長おことば(動画)

                  ●当日の板書

                  ( ..)φメモメモ


                  平成29年次8月1日布薩の日ご命日式典

                  0

                    日時 平成29年8月1日(火) 午前9:00〜

                     

                    ●後藤教会長おことばと佼成確認(動画)

                     

                    ●当日の板書

                    ( ..)φメモメモ

                     


                    京都・奈良・滋賀 壮年部三教会交流法座

                    0

                      平成29年7月9日(日)三教会交流法座に滋賀教会壮年部19名が参加しました。年に一回京都・奈良・滋賀の三教会が集結して交流をさせて頂いています。

                      今年は京都教会に集まって、『壮年交流を通じて「にぎわい」あるサンガによる壮年菩薩(ダーナ)の生き方を目指す』というねらいを持って参加しました。9時のご供養から始まり、京都教会周辺を京都教会の壮年さんに案内していただき散策をしました。その後京都教会星さんによる「男の家庭教育」というテーマで研修があり、午後は交流法座をさせて頂きました。今回はご供養の式衆も三教会合同でさせて頂きました。あっという間の一日でしたが、それぞれが色々な気づきがあった交流法座になったと思います。

                      交流法座に参加された壮年の中から2名の方に感想と感謝の想いを述べていただきます

                       

                       

                      Tさん

                      三教会交流法座参加ありがとうございました。交流法座へ行く前に長男が夜中に部屋で壁を叩いたりして抑えきれない感情をぶつけて居る現象を元に何があったのかを打ち明けてくれる時間をもらってからの参加となり 星講師さんの男の家庭教育の研修を聞かせて頂きました。

                      (中学生は、身体が大人になり切れていないから精神的に不安定な所がある、私も人に頼らず孤立しがち、捕らわれを無くす。等)

                      自分にも思い当たる部分が…。研修後の班別法座の中に星講師さんが居て下さった事もあり長男の事に付いて『何か求めて行きたい』『何か持って帰らなければ仏様からのメッセージも無駄にしてしまうのでは?』とアドバイスを頂く中、親子共に育つ『共育』を味わって居る時なんだ有難いなー とこの日、私が交流法座に参加出来た意味を教えて頂きました。帰ってからの長男との関わりが楽しみになり 善き父親像に1歩近づけた様で現象そのモノが有難く感じることが出来ました。

                      有難うございました。

                      合掌

                       

                       

                      Sさん

                      7月9日三教会交流法座に参加させて頂きました。

                      今回は三教会での式衆のお役を頂き前日から京都教会に入らせて頂きました。8日の夜練習をさせて頂きましたが、前日だけで上手く合わす事が出来るのか、と不安もありましたが、各教会にて日頃から式衆の練習をされておられることもあり少し研鑽するだけで合わすことが出来て、ひとつになれたように感じました。

                      ほっとしたと同時にこれは凄いことだと思えました。同じ目標、同じ思いでいる仲間は環境、条件に関係なくひとつになれるのだと感じることが出来ました。

                      私は6時、9時のご供養、12時のお題目修行の式衆(木鉦・太鼓)をさせて頂きました。練習したとは言え、京都教会の大きな聖壇にあがると頭が真っ白になりました。式衆の仲間を信じて、また参拝者が有り難く御供養があげられるよう精一杯お役をさせて頂きました。「よい式衆でしたよ」と声をかけて頂き、嬉しかったです。また、本当に貴重な体験をさせて頂いたと感謝しています。

                      式衆をしたこともあり、班別法座の中では多くの方と話が出来ました。また仲間が増えたことにとても嬉しく思います。京都・滋賀の交流法座から始まり、昨年から奈良教会も加わり、どんどん輪が広がるよう多くの方に触れ、教えをお伝えしていきたいと思います。

                      ありがとございました。  

                       合掌



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5