平成29年次7月15日盂蘭盆会式典/釈迦牟尼仏ご命日ならびに布薩の日

0

    日時 平成29年7月15日(土) 午前9:00〜

     

    ●後藤教会長おことば

     

    ●当日の板書

    ( ..)φメモメモ


    湖北支部婦人部『きらりん広場』開催

    0

      6月28日に湖北支部婦人部の『きらりん広場』第1回目を開催させて頂きました!


      講師のKさんに家庭教育のお話を聞かせてもらい、毎日交わす挨拶がすごく大事と教えて頂きました!朝起きたら「おはよう」、寝るときは「おやすみ」、学校への行き帰りは「いってらっしゃい」「おかえり」と用事をしている手を止めて笑顔で出来ていますか?と言われ、私は息子たちに何気なく挨拶していることに申し訳なくなりました。

      翌日より挨拶を意識するように心掛けました。「おかえり〜🎵」と迎えると息子たちも元気な声で「ただいま〜🎵」と返事が返って来て嬉しくなりました。


      お昼は持ち寄りのランチ会!主任さん方がランチを作って下さってほんとに美味しく楽しいランチ会になりました🎵1〜5歳の子供たちも参加してくれて癒された1日でした!


      今回は湖北支部婦人部3人での開催でしたが、この『きらりん広場』を1回で終わらせず、2回目3回目と続けていき、湖北支部の活動として根づかせ、婦人部さんの人数もどんどん増えて行けばいいなぁ〜と思っています。 

                      合掌

                                                            湖北支部 婦人部長

       


      日野支部  物故者慰霊供養

      0

        6月22日、日野支部では、物故者慰霊供養をさせていただきました。

        今まで、日野支部で、ご法を広めて下さった方々、導いて下さった方々、85名の方のご供養をみなさんと日野連絡所で、あげさせて頂きました。

        司会者の方が、お一人お一人の名前をゆっくりと思いを込めて、読み上げて下さると、元気でがんばっておられた時の姿が浮かび、目頭があつくなりました。

        その後、参拝者全員が献花をさせていただきました。

        教会長さんの法座では、自分たちが喜んでもえる生き方をさせて頂くことを教えて頂き、みなさんと確認させて頂きました。

        感謝の心を忘れず、精進させて頂きます。            

        合掌

         


        平成29年次7月1日布薩の日ご命日式典

        0

          日時 平成29年7月1日(土) 午前9:00〜

           

          ●後藤教会長おことばと佼成確認(動画)

           

          ●当日の板書

          ( ..)φメモメモ


          近江八幡支部 『支部ファミリー ミニ運動会』

          0

            近江八幡支部 『支部ファミリー ミニ運動会』

             

            平成29年6月25日(日)


            後藤教会長さんにもお越しいただいて、支部の皆さんとともに
            和気あいあいと楽しい時を過ごさせて頂きました。

            梅雨空のもとでしたが、こんな天気もあろうかとお借りいただいた「竜王町公民館」

            空調の中の運動会というゼイタクな会です。


            少年部の宣誓から始まり、

             

            定番のパン食い競争

            手つなぎ輪くぐり

            高速足踏み

            自家製ペタンク。

            滋賀教会随一のスペシャルイベンター主任の仕込みでそれはそれはお年寄りにも優しい凝ったメニューが繰り出されました。
            さらに昼休みには滋賀教会随一の歌のお姉さん主任。


            両名とも教会の枠を超えて滋賀で指折りのアーティストの主任を擁する近江八幡支部、支部壮年の段取りに支えられて無事盛会で終えることができました。


            張り切って高速足踏みに連投された会計さん、翌日スタスタちゃんと歩けてますか??


            普段は教会には足が遠い方もご参加下さり、久々に「支部家族」を確かめ合う会となりました。

            ありがとうございました(^^)

             


            7月「会長先生ご法話」に寄せて

            0

              本格的な夏を感じさせる季節となりました。佼成会では6月から下半期に入り、会長先生の年頭のお言葉「有り難し」をどう感じ、どう実践させて頂いているのかを振り返らせて頂きたいと思います。7月の会長先生のご法話は「相手を認め、讃える」です。

               

              「いのち」をする

               人のすぐれているところをほめることを、一般に「讃える」といいます。では、その「すぐれているところ」とは、何を基準にしてそういえるものなのでしょうか?

              ふつう私たちは長所を指して「すぐれている」といい、その人を認め、讃えます。ところが釈尊は自分の生命を奪おうとした提婆達多を「善智識」と讃え、世間の常識とは異なる見方かもしれませんが、ここには人を認め、讃えるときの大切な着眼点が示されています。

               

              釈尊がどれほど罪深い人に対しても讃えることを忘れなかったのは、相手に仏・菩薩の徳の輝きを見ていたからにほかなりません。仏法を学ぶ私たちにとって、人を認め、讃えるとは、相手の「いのち」を賛嘆することではないでしょうか。人とふれあうときに、相手のすぐれたところを見る心がけとともに、私たちはお互いさま、本来、仏・菩薩の徳を本具する「いのち」であることを忘れてはならないと思います。

               

              日々の中で、価値観が違う相手や批判する人に出会いますと、「なんでそんなこと言うのかな」と、どうにも受け入れられず、苦しくなります。ほめるどころではありません。そこには相手を変えよう、自分の思うとおりにしたいという自己中心が働いています。

               

              会長先生は、相手の言動や性格にとらわれると、もともと讃えるのに値する仏性という大切な視点を忘れてしまいがちと教えてくださいます。

              では、どうしたらほめるとか讃えることができるのでしょうか。

               

              ノウハウや言葉ではなく

              ほめるとか讃えるというと、最近はとくにテクニックとしてのそれがもてはやされ、人材育成や子育てのマニュアルには「ほめる」効用があふれています。相手をほめるというのは、自分の心を開くことです。

               

              素直に相手を認め、讃えていく気持ちが、人と打ち解けたり、和やかな関係を築くことになるのでしょう。

              その意味では、人を認めて讃えることも、じつは人のためではなく、自分を磨く実践の一つといえるかもしれません。

              けっしてノウハウや上手な言葉ではなく、自他のいのちの尊重と、相手の成長を心から願う気持ちに尽きるように思うのです。

               

              相手を認めたいと思っても、それが出きない時、そこで自分の枠や器の広さを知ることになります。

               

              お隣の方が、私の家との境に大きな樫の木を3本植えています。年々大きくなり、うちの2階のベランダに覆いかぶさる様になりました。だんだん陽も当たらず風も入りづらくなってきました。何とかこちらに入っている分だけでも切って頂けないかと申し入れましたが、「切る時期では無いので、時期が来たら切ります」との返事です。

               

              なんと理不尽な、こんな山の木に切る時期なんてないし、枯葉もうちの方にたくさん落ちてきます。私ではまったく聞き入れてもらえないので、主人にも言ってもらいましたが、頑として譲らないのです。だんだん腹が立ってきましたが、隣近所でもめたくない気持ちも有り、不承不承なりゆきに任せてきました。

               

              ある日、ばったり出会いましたので「お忙しいのですか?」と聞かせていただくと「母の介護があります。時間ができたら必ずやりますから!」と。その人の行動や言動や性格にとらわれると、もともと讃えるに値する「仏性」や相手の「いのち」を認めていくことができないと会長先生は教えて下さいます。

               

              私は相手の言動にとらわれて、自分の思うとおりにならないやっかいな人、非常識な人と思っていました。しかし、今回の事を通して、ただ一人で一所懸命、年取ったお母さんを介護されている相手の仏性を拝み、讃えていくことで、自分を磨くという実践がさせて頂けるご縁を頂いていたのです。

               

              後から、近所の方から彼女が、自分の2階の窓から身を乗り出して枝を切っていた事を聞かせて頂きました。仏様から頂いたありがたいご縁に、私から心を開き、声をかけさせて頂きます。

               

              開祖さまと会長先生のお背中を流されている時のふれあいが、相手を認め、讃えることについて、何が大切なのかを私に示してくださり、思わず涙しました。

              ありがとうございました。

               

                         合掌 大津支部 支部長 

                      (会長先生ご法話  佼成7月号より引用)

                    ※当月の会長先生ご法話はこちらからご覧いただけます。


              【滋賀教会】 平成29年次7月度行事予定

              0
                 1日 ()  朔日参り(布薩の日)/夜間式典
                 4日(火) 開祖さまご命日
                 9日(日) 京都、奈良、滋賀三教会交流法座(壮年部)
                10日(月) 脇祖さまご命日
                11日(火) つながるデー(甲賀)
                14日(金)〜15日(土) 
                       盂蘭盆会本部団体参拝
                15日(土) 盂蘭盆会釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)
                20日(木) つながるデー(湖北)
                21日(金) 英語でご供養(大津)
                       
                     詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                                                         
                                  合 掌

                水子供養を執り行わせて頂きました【大津支部】

                0

                  日時 平成29年6月17日(土)午後1:00〜午後2:30
                  場所 大津道場

                  命を授かることは、本当に奇跡。そしてこの世に生まれて来ることは、さらに奇跡。
                  そのことを私たちに思い起こさせて下さるのが水子供養です。
                  人さまの役に立ちたいと願いながら生まれてこれなかった命。
                  あなたの分まで精一杯生きていきます。それが水子さんの成仏へつながります。


                  大津支部では『今あるいのちに感謝し、ありがとうを伝えられる私になる』をねらいとして水子供養を執り行わせて頂きました。


                  婦人部が企画、進行を行い当日は一般さんも含め、幼児2名を含む総勢34名のご参拝を頂きました。
                  豆菩薩たちによるお菓子の奉献、読経供養の後は悦びの発表を行ないました。
                  悦びの発表の中では、病気を通して生かされていることを実感された体験をお話しいただいたり、奉献やその準備を通して子供の成長やあたたかい心づかいに気づかれた話などを発表していただきました。
                  まさに今生きていることに感謝し、生かされている自分であることに感謝させていただける時間を過ごさせていただきました。

                   


                  また参拝できなかった婦人部さんも、お菓子の袋詰めをしていただいたり、お供え物を届けてくださったりと婦人部がみんなで支えあってあたたかい水子供養を行ました。

                  今回のご供養を通じて善根功徳ことごとく回向させて頂く、そして命に感謝し、仏さまに近づく菩薩行の実践を決定する契機を頂いた本当に意義深いご供養でした。
                  最後になりましたが、婦人部だけでは足りない所を、先輩方に助けて頂き、なにより水子さんが喜んで下さる供養をさせて頂けたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。


                  合掌
                  滋賀教会大津支部婦人部長
                   


                  立正佼成会滋賀教会平成29年6月15日(釈迦牟尼仏ご命日)

                  0

                     

                    日時 平成29年6月15日(木) 午前9:00〜

                     

                    ●後藤教会長おことば

                     

                    ●当日の板書

                    ( ..)φメモメモ

                     


                    「大志〜社会変革の風を起こそう」滋賀教会青年の日「smile project」

                    0

                      日時 平成29年5月21日(日)午前9:00〜午後2:00

                       

                      私たち滋賀教会では青年の日に「大志〜社会変革の風を起こそう」をメインテーマに、カンボジアに井戸を建設するsmile projectに取り組まさせて頂きました。

                      光弔気泙らは「ギャップを楽しむ」「つながりを感じる」のおことばを頂き、当日は青年たちによる英語のご供養で始まりカンボジアの現状報告と井戸建設の進捗報告、フリーマーケットやチャリティーコンサート、BBQで仲間とのふれあい、子育て支援、献血活動、井戸建設募金活動と盛りだくさんの熱い熱い一日でした。

                       

                      青年を代表して実行委員のNさんが感じたことならびに決意を述べて下さいました。

                       

                      ----------------------------------------------------------

                       

                      男子部庶務のお役を頂いてから青年の日は毎年参加させて頂いていました。しかし、年々仕事が忙しくなり今年は参加できるか分からない状況の中、カンボジア平和使節団の感想発表とBBQ担当のお役を頂き、実行委員のメンバーに入らせてもらい自分に出来る限りの事をさせて頂きました。

                       当日に向けて会議や準備を進めていく中で5日ほど前に職場の電気工事が急遽入り、なんと仕事が休みになりました。実行委員の仲間から「良かった〜!仏さまのお計らいやね!」と喜んで貰って、自分には世界の現状を肌で知った事を伝える役目と、仲間との繋がりを深めるチャンスを仏様から頂いたんだなと思い、当日のお役をさせて頂きました。

                       



                       

                      カンボジアの感想発表は去年の平和使節団に参加したS君と僕でした。「私には3歳になる息子がいます。ポル・ポト政権時代の虐殺でキリングフィールドでは大人、子供関係なく残酷な殺戮が行われました。もし自分の子供がそんな目にあったら耐えられない、smile projectは子供の未来を繋いでいく活動で、今僕らに出来る平和活動をまず青年の日からさせて頂く事が何よりも有難く尊い事だと思います。」マイクを持つ手が震えました。色々な思いが込み上げてくるからかもしれませんが、それが少しでも伝われば有難いなと思わせて頂きました。S君とは去年の青年の日以来一年振りの再会で連絡は普段から少しずつ取っていて彼と久し振りに会えたことに喜び、発表が終わってからもBBQで一緒にお肉を焼きながら青年の仲間や、壮年さんの方々と楽しい時間を過ごしました。S君も最後まで居てくれて「楽しかった〜また宜しくお願いします!」と喜びの声も聞きました。 

                      お役を通して色んな人と繋がれたことに感謝、大変な事も多いけどいつも支えてくれる教会の方々やそれぞれの持ち場立場で青年部活動を一生懸命取り組んでいる仲間が居たからこそ自分も一生懸命させて頂く事が出来ました。まさに5月の会長先生のご法話「させていただく」を素直に実践出来た青年の日だったと思います。

                      この青年の日をまた新たなスタートとして青年部活動、10月の一乗まつりに向けて一人でも多くの方と開祖さまとのありがたいご縁に触れて頂きたいと思っています。

                      ありがとうございました。

                      最後に、青年の日にご協力下さった皆さま本当に有難うございました。

                      滋賀教会発足55周年には『カンボジアに井戸を55基建設』を目標に頑張って行きますので宜しくお願い致します。 

                                         「青年の日」実行委員

                                                                   合掌



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5