11月「会長先生ご法話」に寄せて

0

      今月の会長先生のご法話は「励まし」と「精進」です。

     

    ○仏からの励まし
     「教えにもとづくみずからの努力によって、苦悩の世界から出ていかねばならない」
     (佼成11月号より引用)
     自分の好きな事に対しての努力、例えば纏が好きだから少しでも上手くなろうと思って練習をする。それも大切な努力のひとつだと思いますが、ここでいう努力と言うのは、苦手な事に対しての努力だと思います。自分は面倒臭がりな性格で、頼まれた事が直ぐに出来ないと分かればまあ後回しでもいいかと、自分の都合で物事を進めてしまう時があります。それが結果として周りに迷惑をかけてしまったり、後々問題になったりする事もしばしば・・・。出来る時と出来ない時があるので、それを常に出来る様にし続けることが本当の努力であり、その努力が教えにもとづいているのか確認しながら進むことが、自分が苦悩の世界から脱する唯一の手段なのかなと感じました。

    ○ていねいに生きる
     「善きことにつとめ励む」とは何かといえば、それは暮らしのなかにある当たり前のことをなおざりにせず、日々をていねいに生きることでしょう。
     (佼成11月号より引用)
     頭ではていねいに生きようと思っていても日々の忙しさから心を亡くし、自分ではそんなつもりが無くても誰かを傷つけたり、迷惑をかけてしまったり、自己嫌悪に苛まれ一歩も踏み出せなくなる時があります。しかし仏さまはそこからまた踏み出せば良いと励まして下さる。まずはありのままの自分を受け止めて、今をどう精進して人様の為に生きるか。仏道にゴールは無いのかも知れませんが、気付いた時がスタートでもあり自分を高めていきたいと思います。

     本来、私のブログ担当月は12月でしたが11月に前倒しになりました。この法話を拝読させて頂き、先日の一乗まつりでどんな自分だったか振り返る事も出来て、今後のまとい部の活動に活かせる収穫の秋になりました。前倒しになったのもしっかり意味があっての事と感じ、すべてに仏さまからのお計らいを頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

                合掌  纏部長

    (会長先生ご法話 佼成11月号より引用)

    当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM