11月「会長先生ご法話」に寄せて

0
    今年も残すところ2ヶ月、皆さんは、どんな一年でしたか?
    特に今月は開祖さまの生誕会の月。どれだけご恩返しができたでしょうか。
     
    今月の会長先生のご法話は、
    「『思いやり』を、いつも心に」です。 
    どれだけの人を思いやったり、心配したりすることができたでしょうか。
    「安楽」なときが「正しい」とき
    心が安らかで楽しいとき、たとえそれが温泉につかっているときであっても、私たちは、思い煩いや恨みつらみといった感情を離れているのではないでしょうか。
    迷いやとらわれが心からするりとほどけ、何にも縛られない、安らかでのびのびとした自分がそこにいます。
    そこで、私なりに理解するところでいうと、先にお話ししたような「心がほどけ、安らかで楽しいとき」こそ、心が正しい方向にあるといえると思うのです。
    しかし、一瞬やひとときではなく、心を「常に」正しい方向に向けるとなると、話がまた少し難しくなります。
    (佼成11月号より引用)
     
    「救ってあげられたら」と願うだけで

    朝夕の読経を習慣とし、「慈悲、思いやりの心をもって生きよう」と願うことだというのです。

    これは、常に心安らかで楽しく生きるための大きなヒントであり、私たちにとっては思いのほか身近な実践といえるのではないでしょうか。

    しかも、「思いやりをもちなさい」という命令形ではなくて、「思いやりをもって生きようと願うことが大切」というのも受け入れやすいところです。

    ときおり、「慈悲がなかなか身につかない」と嘆く人がいます。
    しかし、その人はまさに「思いやりをもって生きよう」「あの人を救ってあげられたら」と願っているからこそ、そのことで思い悩むのでしょう。つまり、その人はもうすでに、思いやりの心が身についているのです。
    (佼成11月号より引用)
     
    私は現在、毎日100名以上の方と出会いを持たせて頂く仕事をさせて頂いています。そして、お越し頂いたお一人お一人のお客様が「良かった是非もう一度、来たいわ」と言って頂く様に、日々笑顔で出会いを大切にさせて頂いております。
    でも、いろんなお客様がおられます。すべての方に心からの思いやり、感謝の言葉が出れば良いのですが、お酒を呑み過ぎた方、大声を出される方のご縁に触れると、なかなか・・・・・・・・
    更に、同じ従業員の仕事ぶりを責めたり、どうして、こんな事が出来ないのと激怒している自分があります。
    でも、教えを頂いているお蔭様で、そんな自分に気づかせて頂ける日々を送らせて頂いています。
    本年は自分にとっても区切りの年、青年部時代からずっとお役を頂き50年、現在 教会渉外部長のお役を頂いております。
    いま目の前にいる人が、自分を成長させてくださる人だと、心から思えるように、修行精進をさせて頂きます。
                                 合掌
                 滋賀教会 渉外部長
     
                   (会長先生ご法話  佼成11月号より引用)


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ブログパーツUL5