滋賀教会 七面山登詣(とけい)練成

0

    立正佼成会滋賀教会では

     ・教団草創期の開祖さまの修行の一環を体感する

     ・『是即道場』の心構えで我を捨てた「異体同心」の精神を深める

     ・神仏のご加護を感じ、より一層の布教伝道を誓う

    を目的として11月10日(金)〜12日(日)に御旗(みはた)を先頭に37名が15年ぶりの七面山登詣(とけい)練成に行ってまいりました。

    この練成を企画・推進された実行委員長に功徳と感想を発表して頂きます。

     

    楽しく楽しく、嬉しく嬉しくの七面山登詣練成でした。

    一番に足を痛め、リュックを人に背負ってもらい、杖にすがって登ったお前が言うな!と怒られそうですが、本当に楽しく嬉しい最高の練成のお手配を戴きました。

    教会長さんを以てしても「上がれるのだろうか?」と不安にさせるほどバテ気味の人が続出。敬慎院に到着したのは、予定時刻を遥かにオーバーしていました。

    救護のお役の方は、自分も相当足にきているはずなのに行進中も休憩中も走りっぱなしで、弱った人に湿布とスプレーでの治療をして回ってくれました。

    他の人も、背中には自分のリュック、バテた人のリュックを前に抱え、また、自分が使おうと持ってきた杖を他人に渡してあげたり。

    もちろん、肩を貸したり手をつないだり、背中を押したり、そのどれもが、笑顔の中でおこなわれたことが、「異体同心」という言葉を体現されていました。

    全員そろって登詣し、全員そろって下山する。

    言葉にしなくても、全員が同じ思いで繋がっているという、不思議な感覚を味わわせて頂きました。

    み仏さま、開祖さま、会長先生、七面大明神さま、

    そして、練成に参加した多くの仲間、

    滋賀の地で祈願をして頂いた多くの皆様のお陰で、たくさんの御守護を戴く事ができました。誠にありがとうございました。

    実行委員長のお役を戴けたことに感謝申し上げます。

                      合掌

                   M実行委員長

     

    御旗

    昭和15年に本会の初めての御本尊として勧請されました。御旗には、法華経に説かれている真理と久遠の本仏に帰依し、常寂光土建設(=布教伝道)に邁進していこうという信行の規範が示されています。

     

    七面山参拝の意義

    七面山は法華経行者を守護する七面大明神を祀る霊山であり、法華経行者にとって登拝修行の聖地とされています。昭和15(1940)年秋、開祖さま、脇祖さまはじめ19人の会員が参加して第1回の身延・七面山参拝が行われて以来、その後も教団行事として20年あまり続きました。

     

     

    波木井山圓実寺

    日蓮聖人が身延山に来て初めにお過ごしになられていたお寺です。

     

    車中での御旗

     

    波木井山圓実寺

     

     

     

     

    登詣の様子

    出発地点:羽衣橋      

     

     

     

    坊(休憩所)

      

    和光門

     

    敬慎院の方のお出迎え

    見晴らし台到着

     

    敬慎院到着

     

     

    ご開帳は写真撮影禁止でした

    夕食

     

    ご供養                                  

     

    班別法座

     

    夜のつどい

     

    翌朝

    ブルブルッ!! これ、軒下ですよ・・・・

    富士山とご来光

    富士山とご来光を背に集合写真

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ブログパーツUL5