今月の掲示板

0

    佼成の命新生3月号読みながら私は涙が止まりません 。幼い頃の母との関係 、親としての子供との関係 、苦しんで苦しんで 、頑張って生きて、いつしか 教会での説法をうけ 、自分で封じ込めてきた子供の頃の人生の封を怖いながらに切り開き振り返ります。振り返りを筆に取りながら怖がってきた母の気持ちが分かるようになり、苦しみを宝に変える事のできた彼女 、私は深く感動しました 。皆さんに読んでいただきたい 、その願いを込めて今月号も配らせていただきます 。

     合掌

    滋賀教会文書布教部M



     


    今月の掲示板

    0

      落ち葉が全て落ちて

      よくみると新芽が出始めています

      もうすぐ春の兆しが


      私達も節分を境に運気が変わり

      新しい新芽を出したい新鮮な心で

      もうすぐ来る春を迎えていきたいものです


      年をとり夫婦もいつか別れの日がきます

      今これもしてあげれば良かったと

      悔いを残したくありません

       

      バタバタの毎日の中で

      今主人のマッサージをほんの5分ですがしています

      これだけはしてあげる事ができたと

      後悔が少し減るでしょうか?、

      目の前の人が喜ぶ事をしてあげる事で

      ほんの少し満足な一日になる気がしてありがたく思う今日です

      滋賀教会文書布教部 M


      今月の掲示板

      0

        令和2年新しい年に入りました 。

        覚束なかった年号も今ではしっかり定着しました。

        今年はどんな年になるか 、

        どう目標を持つか考える時期でもあります 。

        しかしその前に 、私は新年を迎えられた事への感謝 、家族がそばにいてくれる事への感謝 、数えきれない支えの中で新年を迎えられた事にまず感謝したいと思います。

        それから、今年は支えてくださった方にどうお返しできるか、 考えた時自分はまだまだ人様のお役に立てる事に気づきました。

        少しでも回りの方が笑顔になれるように、ふれあいを持って文書部員頑張ります 。

        今年もよろしくお願いします 。

        文書部員一同


        今月の掲示板

        0

          令和元年もう一年の締めくくりの月に入りました。


          この一年誰でも苦しい事楽しい事困った事悲しかった事色々あったと思います。

          良くも悪くも今年最後の月となりました。

          終わり良ければ全て良しとなれるように頑張らなくてはと思います。

          そのために。


          今日まで自分ができなかった事。

          今年中にと思ってても、まだ片付いてない事この年末月の締めくくりを意識して取り組みたいと思います。


          そして被災された方が少しでも良い環境で新年を迎えられるように

          少しでも笑顔が取り戻せるようにをお祈りしております。

          文書部員も最後締めくくり頑張ります。

          来年もどうかよろしくお願いします。


          滋賀教会文書布教部M


          シリーズ『今月の掲示板』 令和元年11月

          0

            10月には台風19号により長野や千葉を始め多くの被害がありました。家族や家を失った方、想像を絶する苦しみ悲しみ痛みが続いているのだと思うと胸が痛みます。心からお見舞申し上げます。復興はこれから長く遠い歳月で行われますが、これまで復興を遂げていない場所はありません。
            いつしかみんな手を取り合って立ち上がり、何年もかけて復興を遂げてます。
            人間って本当に強くたくましいと思います。
            諸行無常必ず変化し、また生きる場所を見出し、普通の生活を取り戻していきます。
            頭が下がる思いです
            今生かされている
            自分がただではない
            これから自分に何ができるのか
            真剣に考える時だと思います。

             

            今月の会長先生のお言葉に

            暮らしのなかにある当たり前の事をなおざりにせず、日々をていねいに生きる。いつでも当たり前のことを一つ一つ感謝して行ない、まわりの人と一緒に心を磨いて幸せを味わう。

            (佼成11月号より引用)

            と書いてあります。
            そんな志を持って今月は過ごしていきたいと思います。

                              滋賀教会文書布教部M

             

             


            シリーズ『今月の掲示板』 令和元年10月

            0

               

              樹木も赤く薄化粧し始めるこの季節日々過ごしやすい時期となりました。自分の事で精一杯ですが少し他の方の心配業もできる余裕をもてる季節でもある気がします。

              さて会長先生の今月号の一説に生きてる人も亡くなった方も同じ人間だと思えば目の前の方の悩み苦しみが少なくなるように楽しみが増えるように願うのも供養と言えますと書いてあります

              そう考えると全ての方は仏様 国と国との諍いもなくなるのに いじめもなくなるのに 釈尊の教え会長先生のお言葉をもっともっと広めていかなければと考えます 。

              文書布教部は教えを配り続けます 。

               

              滋賀教会文書布教部M

               


              シリーズ『今月の掲示板』 令和元年9月

              0

                夏の余韻を残しつつ少しずつ涼しい風に触れると季節の移り変わりを感じます。


                少々寂しい気分。

                哀愁でしょうか。


                今月の佼成は、それぞれの個性を尊重しあう事が書いています。

                人間関係での悩みのある方

                是非読んでください

                😊

                滋賀教会文書布教部M


                シリーズ「今月の掲示板」令和元年8月

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  雨が上がり鬱陶しい梅雨が抜けました。
                  セミの声が、どこからとなく聞こえ夏の本番が始まりました。
                  セミは短い一生を懸命に生き抜き、自分の存在をアピールして鳴いてるように私には聞こえます。
                  私達人間はセミよりも長く長く生きる事ができます。
                  そしてセミの鳴き声と同じように自分の存在をわ
                  かって欲しい
                  自分を理解して欲しい
                  そんな欲望を誰でも持ってる気がします。


                  人と出会い人と話し分かち合う
                  生きてるってそこが楽しいとこだと思います。
                  私達文書部員は人と出会いたい
                  理解したい
                  1人でも多くの方が
                  楽しい人生を迎え人との繋がりを
                  もてたら

                  そんな気持ちを願いながらこれからも頑張ります。
                  合掌
                  滋賀教会文書布教部M


                   


                  シリーズ「今月の掲示板」令和元年7月

                  0

                     

                    今月佼成7月号会長先生のご法話は自由自在に生きるです。

                    私達.は自分の思うままに生きる事を「自由」といいそれが「自在」な生き方だと思っています。

                    そして現実は思い通りにならないと不足や不満苛立ちが募るからです。これは「自由」を求めながら逆に自ら不自由を招いていると教えて頂いてます。

                    私は日常生活の中に教えを照らし合わせて今月のご法話を元に繰り返し繰り返し実践させて頂いてます。

                    皆さんもどうぞ手に取って頂きよく読んでいただければ幸いです。

                    いま目の前にある小さな幸せを 噛み締めて喜びを人と分かち合ったり苦悩を楽しみ変えていく。

                    それが本当に「自由自在」な生き方だと思います。

                    お天気も、自由自在かなあーと感じています。

                    普段なら鬱陶しいほど降る雨ですが遅れに遅れてやっと梅雨入り。

                    やっと届いた恵みの中でアジサイが綺麗に咲き誇っていました。

                    今月も道行くみなさまにご法の種が届きますように。

                            合掌

                               滋賀教会文書布教部員N


                    シリーズ「今月の掲示板」令和元年6月

                    0
                       毎日を過ごす中で、常に仏様はその時にふさわしい法を見せてくださっています。
                      私達はそれに気づかずに、自分の思いで過ごしていきます。
                      一歩止まって、今何を教えてくださってるのかと感じた時、気づいた時、仏の教えにそった生き方ができます。
                      迷いの思いをなくし、何を教えていただいてるかと教わる気持ちになった時これは本物だと思います。
                      今月号はそんな考え方が説かれています。
                      迷いの道を抜け出すために今月号もお読みください。
                                              合掌
                                              滋賀教会 文書布教部員 Ⅿ


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM