シリーズ『今月の掲示板』 令和元年11月

0

    10月には台風19号により長野や千葉を始め多くの被害がありました。家族や家を失った方、想像を絶する苦しみ悲しみ痛みが続いているのだと思うと胸が痛みます。心からお見舞申し上げます。復興はこれから長く遠い歳月で行われますが、これまで復興を遂げていない場所はありません。
    いつしかみんな手を取り合って立ち上がり、何年もかけて復興を遂げてます。
    人間って本当に強くたくましいと思います。
    諸行無常必ず変化し、また生きる場所を見出し、普通の生活を取り戻していきます。
    頭が下がる思いです
    今生かされている
    自分がただではない
    これから自分に何ができるのか
    真剣に考える時だと思います。

     

    今月の会長先生のお言葉に

    暮らしのなかにある当たり前の事をなおざりにせず、日々をていねいに生きる。いつでも当たり前のことを一つ一つ感謝して行ない、まわりの人と一緒に心を磨いて幸せを味わう。

    (佼成11月号より引用)

    と書いてあります。
    そんな志を持って今月は過ごしていきたいと思います。

                      滋賀教会文書布教部M

     

     


    シリーズ『今月の掲示板』 令和元年10月

    0

       

      樹木も赤く薄化粧し始めるこの季節日々過ごしやすい時期となりました。自分の事で精一杯ですが少し他の方の心配業もできる余裕をもてる季節でもある気がします。

      さて会長先生の今月号の一説に生きてる人も亡くなった方も同じ人間だと思えば目の前の方の悩み苦しみが少なくなるように楽しみが増えるように願うのも供養と言えますと書いてあります

      そう考えると全ての方は仏様 国と国との諍いもなくなるのに いじめもなくなるのに 釈尊の教え会長先生のお言葉をもっともっと広めていかなければと考えます 。

      文書布教部は教えを配り続けます 。

       

      滋賀教会文書布教部M

       


      シリーズ『今月の掲示板』 令和元年9月

      0

        夏の余韻を残しつつ少しずつ涼しい風に触れると季節の移り変わりを感じます。


        少々寂しい気分。

        哀愁でしょうか。


        今月の佼成は、それぞれの個性を尊重しあう事が書いています。

        人間関係での悩みのある方

        是非読んでください

        😊

        滋賀教会文書布教部M


        シリーズ「今月の掲示板」令和元年8月

        0

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          雨が上がり鬱陶しい梅雨が抜けました。
          セミの声が、どこからとなく聞こえ夏の本番が始まりました。
          セミは短い一生を懸命に生き抜き、自分の存在をアピールして鳴いてるように私には聞こえます。
          私達人間はセミよりも長く長く生きる事ができます。
          そしてセミの鳴き声と同じように自分の存在をわ
          かって欲しい
          自分を理解して欲しい
          そんな欲望を誰でも持ってる気がします。


          人と出会い人と話し分かち合う
          生きてるってそこが楽しいとこだと思います。
          私達文書部員は人と出会いたい
          理解したい
          1人でも多くの方が
          楽しい人生を迎え人との繋がりを
          もてたら

          そんな気持ちを願いながらこれからも頑張ります。
          合掌
          滋賀教会文書布教部M


           


          シリーズ「今月の掲示板」令和元年7月

          0

             

            今月佼成7月号会長先生のご法話は自由自在に生きるです。

            私達.は自分の思うままに生きる事を「自由」といいそれが「自在」な生き方だと思っています。

            そして現実は思い通りにならないと不足や不満苛立ちが募るからです。これは「自由」を求めながら逆に自ら不自由を招いていると教えて頂いてます。

            私は日常生活の中に教えを照らし合わせて今月のご法話を元に繰り返し繰り返し実践させて頂いてます。

            皆さんもどうぞ手に取って頂きよく読んでいただければ幸いです。

            いま目の前にある小さな幸せを 噛み締めて喜びを人と分かち合ったり苦悩を楽しみ変えていく。

            それが本当に「自由自在」な生き方だと思います。

            お天気も、自由自在かなあーと感じています。

            普段なら鬱陶しいほど降る雨ですが遅れに遅れてやっと梅雨入り。

            やっと届いた恵みの中でアジサイが綺麗に咲き誇っていました。

            今月も道行くみなさまにご法の種が届きますように。

                    合掌

                       滋賀教会文書布教部員N


            シリーズ「今月の掲示板」令和元年6月

            0
               毎日を過ごす中で、常に仏様はその時にふさわしい法を見せてくださっています。
              私達はそれに気づかずに、自分の思いで過ごしていきます。
              一歩止まって、今何を教えてくださってるのかと感じた時、気づいた時、仏の教えにそった生き方ができます。
              迷いの思いをなくし、何を教えていただいてるかと教わる気持ちになった時これは本物だと思います。
              今月号はそんな考え方が説かれています。
              迷いの道を抜け出すために今月号もお読みください。
                                      合掌
                                      滋賀教会 文書布教部員 Ⅿ

              シリーズ「今月の掲示板」令和元年5月

              0
                平成のトンネルをくぐり抜け令和の世が訪れました。
                明るい時代を過ごす為に新鮮な気持ちで令和元年を迎え入れるのは私達の気持ち次第だと思います

                 今向き合ってる苦、それをそのまま苦しみとして受け入れるのか?そこから智慧として向き合い、この体験をステップとして抜け出しプラスの経験として自分を成長させるのか?令和の年号とともに苦をくぐり抜ける為のその考え方を学ぶ智慧が佼成には書かれています。

                 
                その願いと共に文書部員は頑張ります。
                       合掌
                 滋賀教会 文書布教部 Ⅿ

                シリーズ「今月の掲示板」平成31年4月

                0

                   3月慣れ親しんだ友達や同僚との別れ、卒業。
                  4月になると桜の大きな花びらが私たちを華やかに出迎えてくれます。

                   新しい環境に進む方も多いと思います。
                  ワクワクドキドキ

                  何も環境の変わらない人も、何か昨日にないものを感じるはずです。

                   いい事も悪い事も精一杯受けとめて感謝にかえて生きていけたらどんなに素晴らしいでしょう。毎日に感謝しながら文書部員は今日も頑張ります。

                   バス停の佼成も華やかな桜の表紙に導かれた方々に13
                  冊もお持ち帰りいただきました。本当に嬉しい限りです ☺           

                          合掌

                     滋賀教会 文書布教部員一同


                  シリーズ「今月の掲示板」平成31年3月

                  0

                    今月はバス停の佼成なんと13冊も

                    お持ち帰りいただいてました。

                    いつもより多くお持ち帰りいただいた事を本当に嬉しく思います。

                     

                    また今月は近江八幡支部の方が布教に歩き100件の方に佼成を手渡しして頂きました。

                    多くの幸せの種をまいてくださった事に本当に感謝しております🙏🙏

                     

                    人に対する怒りが出てきたら佼成の拝読をお勧めします

                    人に明るく優しく接する事ができる事が書かれています。

                     

                    1人でも多くの方が本物の幸せを

                    つかむために・・。

                    私達文書部員は今月も頑張ります。

                     合掌

                     滋賀教会 文書布教部M


                    今月の掲示板

                    0

                      ある青年信者さんのお話です。

                      その青年さんのアパートに佼成を入れさせていただいてました。来る日も来る日もお留守でしたが何年も配りました。

                      ある時、その青年さんは窮地に陥り、人生に終止符を打つつもりになりました。しかしわらにもすがる思いもあり、佼成を読まれたそうです。だんだんと、生きる希望が出てきて死ぬのを踏みとどまったそうです。

                      何年何月号のどの部分かはわかりません。しかし人の命を救う事のできる本当に尊い本だと思いました。
                       先月はバス停の本をこの寒さの中6冊お持ち帰りして頂けました。もっと多くの方々に読んでいただけるよう私たちは配り続けます(^^
                                 合掌

                      滋賀教会 文書布教部員一同



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM