気づきのおすそ分け

0

    今月の会長先生ご法話「悠々として心安らかに」を通じ素晴らしい体験と気づきが届きました。

    ここでおすそ分けをさせて頂きます。

    ---------------------------

    ある日、職場の大事な書類をSさんに渡しました。何日かたってSさんの上司から書類誰に渡した?と聞かれました。Sさんにちゃんと渡しましたよと答えるとSさんは預かってないと言うのです。
    びっくりしてSさんを訪ねると、覚えてないと答えました。
    その事で発注が遅れご迷惑をおかけしたようですがどう考えても渡してます。
    忙しいのに今渡しても大丈夫?と気を使って渡し はいはいと受け取ってくれたSさんに憤りをかんじました。しかし、この時、佼成5月号を印刷して教会長さんからいただいた会長先生のお話を思い出しました。
    着物を盗んだと泥棒呼ばわりされた善太郎さんは身に覚えがなくても着物の代金を払い草餅のお土産まで持たせたと言うお話を思い出し、思い出せない彼を責めるのはやめよう。
    責めたところでもう書類はない。彼の上司に弁解するのもやめました。
    全て仏様にお任せしやましい事は何もないと自分に言いきかせました。これからは書類を渡したら自分のメモにでもサインをもらおうと私も勉強させていただきました。
    心を冷静に戻す事ができました。
    会長先生のお話「悠々として心安らかに」

    今一度感謝しております。

     

    滋賀教会 M


    【シリーズ】「気づきのおすそ分け」No.1

    0

       

      ●過去の体験説法から心に残ることばをメディア布教委員が抜粋し皆さまにお届けさせて頂きます。

                        滋賀教会メディア布教委員 Y 

      -------------------------------------------------------------------------------

      「同じ支部の方同士は、足並みが合うのですが、他支部の方とすると合わない事が起こります。日頃のふれ会いが足並みに出てくる様に思います。お互いが相手の性格を知り歩み寄りをさせて頂く事が、大切である事を分からせて頂きました。私自身、職場で同僚の方と歩み寄りをしているのだろうかと、振り返ると、自分勝手にしている事に気が付かせて頂きました。同僚が少しでも気持ち良く、楽に、仕事が出来る様、率先して仕事に取り組むようになりました。それからは、同僚との仲がよりいっそう、気心が通じるようになりました。」

       

      「今までは、どうしても心の何処かで、支部長さんや部長さんに付けて頂いたお役だと思っていましたが、仏さまから頂いているお役であり、因縁によってお役を頂いている事を教えて頂きました。担当のお役を頂いた事で、自宅での、朝夕のご供養も有り難くあげさせて頂くようになりました。自分の心が、変われば、見る物、見える物も変わる事を実感させて頂いています。」


      1

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM