平成30年新年のご挨拶(会長先生ご法話に寄せて)

0

     皆さま、明けましておめでとうございます。

     昨年は滋賀教会のメインテーマ「『明るく、優しく、温かい』自分・家庭・仲間づくりができる滋賀教会 〜つながろう!私から。つなげよう!大切なあの方に〜」のもと、今までのご縁を深めることはもちろんのこと、新たな出会いも頂いた一年でした。皆さま誠にありがとうございました。

     本年は教団創立八十周年の記念すべき節目の年です。その年に会長先生から次のような信行方針を頂戴しました。

     

     天地自然は、一瞬もとどまることなく、創造、変化を繰り返しています。私たちもまた、天地の道理の如く、停滞することなく、何事に対しても、日々新たな気持ちで取り組んでいくことが大切であります。

     今年、本会は創立八十周年の節目を迎えました。その今日に及ぶ歴史の礎は、開祖さま、脇祖さまをはじめ、先輩の幹部の皆様、信者さんの寝食を惜しまぬご尽力によって築かれてきたものです。

     この記念すべき年に当たり、教団創立百年に向けて、一人ひとりが、創造的な歩みを進める確たる志をもって、そのご恩に報いてまいりたいと思います。

     

     信行方針の中では、先達に恩返ししていく大切さと同時に、組織も個人も、常に「創造」を志すことの大切さを教えていただきました。滋賀教会は、来年発足55周年を迎えます。このような時こそ、私たちは心を合わせ信行方針に取り組んでまいりたいと思います。

     

     さらに年頭法話にて、「いま自分が、いかに恵まれているかに気づき、一見(いっけん)不都合と思われることの中に、仏さまの説法を見いだしていくこと。自も他も共に救われることが、真の幸せであることに気づくこと。つい頼ってしまう信仰から、主体的で、自立した信仰へと生まれ変わり、『自灯明・法灯明』を胸に精進していくこと。端的(たんてき)にいえば、これが釈尊の教える本質的な救われであり、『心田を耕す』ということであります」教えてくださっています。

     その「自灯明・法灯明」を具体的に教えてくださったのが、佼成1月号の会長法話『明るく、朗らかに』であると思います。

     私たちは新しい年を迎える中で、同じ一年を過ごすのであれば、充実した、有り難い一年をすごしたいと願っています。それではどのような心で、何を大事にしていけばいいのでしょうか。そのことに対して会長先生が次のようにお示しくださっています。

     

    『明るく、朗らかに』

     

    ○自らを灯として

     それぞれに思うところ、期するものがあると思いますが、だれにも共通するのは、一年をとおして明るく、朗らかにすごしたいという願いでしょう。

     そうであれば、ぜひ忘れずにいたいことがあります。それは、私たちに生きるエネルギーを与えてくれる太陽のように、まずは自(みずか)ら明るく朗らかになって、人を和(なご)ませ、喜ばせることです。ときには人に励まされ、他の人の明るさに癒(いや)されることもあるでしょうが、自ら明るく朗らかに生きる ― それが大切だと思います。

     

     私たちの共通する願いは、一年を明るく、朗らかに、心にこだわりがなく晴れ晴れとしてすごすことであり、そのためにはまずは自分自身が明るく、朗らかに、人を和ませ、喜ばせていくことが大事になっていきます。

     それでは、その「自ら」という気持ちはどうしたら発揮できるのでしょうか。

     

     自灯明は「自らを灯(ともしび)として生きる」ということですが、それは「何にも左右されない確固たる生き方の芯(しん)がある」ということです。そしてその「芯」となるのは、自分を含むすべての人が、かけがえのない命を、いま・ここに・自ら生きているという揺るぎない「信念」で、いま命あることへの「感謝」が、芯を明るく灯(とも)しつづけるのに必要な「油」といえるのではないでしょうか。

     

     年末、用事を済ませた後、時間があったので献血に行ってきました。献血ルームには若い女性やスーツ姿の壮年など56人の方が待っていました。その姿を見て何とも温かい気持ちになりました。年の瀬が迫ったこの時期に献血をする人の姿を通して、各々がそれぞれの生き方の「芯」に、いま命あることへの「感謝」という「油」が温かさと明るさを灯して輝いているように感じました。

     それでは、何にも左右されない生き方の芯をもつ私たちは、さらに何を精神的支柱にしていけばいいのでしょうか。

     

    ○法をよりどころに

      明るく、朗らかに生きるというとき、陽気な性格や環境に恵まれていても、いなくても、要は何を心の芯に据(す)えるかが大事で、私たち仏教徒にとっては、それが仏法(ご法)であることを、この小沢(道雄)師が明快に示してくださっているのではないでしょうか。そしてこれが、法を灯として生きる ― 法灯明でありましょう。

     また、見方を変えれば、ほんとうの明るさ、朗らかさは、苦悩を突き抜けた先にあるともいえますが、苦悩を突破するには、先に述べた「生き方の芯」とともに、さまざまな思わくにとらわれないで心を一つに向かわせる「志(こころざし)」をもつことが大切です。

     

     私たち仏教徒にとって、心の芯、あるいはバックボーン(背骨、精神的支柱)と表現してもいいと思いますが、その中心に何を据えるのかは仏法(ご法)であることを教えて頂きました。

     そして目標を一つに絞り込んで、集中して取り組み、その志にしたがって目の前にあることの一つ一つにていねいに向きあっていくことの大切さを教えていただいたように思います。

     

     信行方針の中に示されている、「私たちもまた、天地の道理の如く、停滞することなく、何事に対しても、日々新たな気持ちで取り組んでいくことが大切であります」を思い出し、自立した信仰者になっていくように、自分の心田を耕すことを大事にしながら、/佑里擦い砲靴覆ぁ⊂魴錣里擦い砲靴覆ぁおこらない。ことを実践していきたいと思います。 

     

     滋賀教会としては、メインテーマ「『明るく、優しく、温かい』自分・家庭・仲間づくりができる滋賀教会 〜つながろう!私から。つなげよう!大切なあの方に〜」を本年も掲げました。このメインテーマをもとに、人材育成(人を植える)ということに全力を注ぎ、創造的な歩みができるように工夫を凝らし、心を合わせ精進していきたいと思います。

     

     私自身、目の前の方に喜んでもらえる存在になりたいと思います。具体的には、たくさんの方に自ら出会い、目の前の人を大切に、さらに不都合と思うような相手の話もていねいに聴き、「有り難し(ありがたい)」「感謝(ありがとう)」を日常生活の中で伝えていくことを、精進してまいります。

    今年一年どうぞよろしくお願い申し上げます。

                                         合掌

      立正佼成会滋賀教会 教会長 後藤益巳

      (会長法話 佼成1月号より引用)

    当月の会長先生のご法話はこちらからご覧いただけます。


    シリーズ「今月の掲示板」 平成30年1月

    0

      明けましておめでとうございます。

       

      道行くみなさまへ仏さまからのメッセージをお伝えさせて頂いております教会県道側の掲示板です。

      毎月季節に合わせ、道行く方が足を止めて見て頂けるよう工夫を凝らした掲示板を作成されています。

      年末の慌ただしいなか文書布教部の皆さんが掲示板をお正月仕様に飾りつけをして下さいました。

       

      本年もどうぞよろしくお願い致します。

       


      平成30年1月1日元旦参り式典

      0

        日時 平成30年1月1日(月)元旦 午前6時〜7時

         

        ●後藤教会長おことば(動画)

         

        ●当日の板書( ..)φメモメモ


        平成30年次1月度行事予定

        0

          【滋賀教会】平成30年次1月度行事予定

           1日() 元旦参り
           2日()〜4日()
                自由参拝
           4日() 開祖さまご命日
           7日() ご親教
          10日() 脇祖さまご命日
          11日() つながるデー(支部)
          15日() 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)/夜間式典
          20日() つながるデー(支部)
          21日() 成人式
                英語でご供養
          25日()〜2月3日()
                寒中読誦修行
          詳しくは教会スタッフまでお尋ねください
                    合 掌 

          平成29年12月15日ご命日式典(釈迦牟尼仏ご命日)

          0

            日時 平成29年12月15日(金)午前9時〜

             

            ●後藤教会長おことば(動画)

            ●当日の板書( ..)φメモメモ

             


            平成29年次12月1日布薩の日ご命日式典

            0

              日時 平成29年12月1日(金) 午前9:00〜

               

              ●後藤教会長おことば(動画)

               

              ●当日の板書

              ( ..)φメモメモ


              シリーズ「今月の掲示板」 平成29年12月

              0

                県道側に設置されている掲示板はクリスマスの装飾です。

                今月は『型を身につける』です。


                12月「会長先生ご法話」に寄せて

                0
                   2017年の師走を迎え、なんと月日が過ぎるのが早いことかとの思いです。一年をふり返り、よろこびや悲しみ、別れ、あんな事こんな事と時を刻んだ日々に感慨無量です。
                   12月は会長先生から『型を身につける』とテーマを頂戴いたしました。 型とは基準になる形、あるもののかたちを作り出すもの、芸能や武道などで規範となる動作といわれています。日常生活での動作が型という意味のあるものとは意識せずに過ごしてきました。
                   「型は方便」
                  私たちの日常生活における身近な所作にも「型」というものがある、と私は受けとめています。 ちなみに「所作」とは、仏教で「身と言葉と心の三つのはたらきの現われ」をさします。では、その心とは何か。どのような心を「型」として身につけることが大切なのか―結論を先にいえば、思いやりや慈しみの心にほかなりません。思いやりや慈しみを体現し、それを「型」として日々実践することによって、私たちは慈悲の心をさらに深く胸に刻みつけていくのです。
                  朝起きたら顔を洗い、朝の挨拶を交わし一日が始まります。出かけるときには「行ってまいります」と外へ、帰ってきたら「ただいま」と家に入り、食事のときには「いただきます」、「ご馳走さま」と箸をおろします。そんな他愛もないことと意識せずに過ごしています。ところがその動きの一つひとつが家族に対しての感謝や食物に対する感謝のこころを表す所作で、そこに心を込めるという大事なことだったのに置き去りにしていました。
                  「形は無我の実践」
                   仏教に「一即多・多即一」という言葉がありますが、根底となる思いや願いを忘れないことが肝心なのです。その意味では、仮に個性の数だけ「型」があるとしても、自分勝手な「型」は、「型」とはいいません。むしろ、「自分の思いどおりにしたい」というわがままな心を抑えるために「型」があるといえるのです
                  思いが解りあえない人との話しや、行動を共にすることから避けようとする、避けている私です。会長先生からそんな我を型によって取り払えると示してくださっています。思いやりや慈しみの心を反映した型を身に付け穏やかなときを重ねていきたいと思います。 一年の締めくくりにどこまで心田が耕せたかこのことで振り返る機会を頂戴いたしました。
                  来年は教団創立八十周年を迎えます。本会の歴史を支えてきた大切な「型」を身に付け、感謝のこころを深める師走を過ごして参ります。
                            合掌
                          滋賀教会 総務部長
                                    (会長先生ご法話  佼成12月号より引用)

                  湖北支部『第2回きらりん広場』開催

                  0

                    11月21日(火)、湖北支部『第2回きらりん広場』をYさん宅で開催させて頂きました。

                    K講師さんより家庭教育のお話をして頂き、そのあと皆で持ち寄った食事を頂きました。

                     

                    家庭教育のお話しの中では、「何歳になっても“愛の充電”が大切です。そうすることによって親子の信頼関係ができ、子ども自身が本当に困ったとき、悩んだ時に子どもの方から話してくれるようになります。」と教えて頂きました。

                    “愛の充電”とは
                    ・スキンシップ(抱きしめる)
                    ・思いを受け止める(呼ばれたら先ずは返事をする)

                    ・優しい言葉かけ(挨拶《おはよう、いってらっしゃい、おかえり》を相手が返事をしなくてもする)
                    の3つで、これを大切にすることで、子どもに安心感を与えられるということです。
                    私も3歳の子どもがいますが、呼ばれても忙しいとつい、「はい」の返事よりも「ちょっと待って!」と先に言ってしまっているなぁとふり返ることができました。呼ばれたら先ずは「はい」の返事をして相手の思いを受け止め、そこから今すぐできることか、少し待って欲しいかを子どもに対して伝えていけるようにしたいと思いました。


                    家庭教育のあとは楽しくお喋りしながら、各自手作りのお料理を美味しく、お腹一杯頂きました。残念ながら参加して頂けなかった主任さんからも差し入れを頂き、思いを寄せてもらって頂いていることを嬉しく思いました。
                    心もお腹も満腹の1日となりました。
                    ありがとうございました。
                               合掌
                       湖北支部 婦人部 N


                    平成29年次12月度行事予定

                    0

                       1日(金) 朔日参り(布薩の日)/夜間式典

                       4日(月) 開祖さまご命日

                       8日(金) 成道会

                       9日(土) 大掃除/お身拭い

                      10日(日) 脇祖さまご命日

                             年次全体説明会

                      11日(月) つながるデー

                      15日(金) 釈迦牟尼仏ご命日(布薩の日)

                      20日(水) つながるデー

                      21日(木) 英語でご供養(竜王)

                      28日(木)〜自由参拝

                       

                      詳しくは教会スタッフまでお尋ねください

                                           合 掌 



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      ブログパーツUL5